小室哲哉が不倫したそうですが、その

相手の看護師Aが非常に気になります。

 

小室哲哉と言えば、過去にも数々の不

倫や浮気などを繰り返して、その相手

が常に注目されてきました。

 

不倫場所とされる、密会場所のホテル

や今回の不倫で嫁で妻のKEIKOとの関

係はどうなるのか?について見解して

行きたいと思います。

 

早速行ってみましょう。

目次(コンテンツ)↓↓

  1. 小室哲哉がついに不倫か!?
  2. 小室哲哉の不倫相手のA氏とは何者!?
  3. 密会場所のホテルはどこなのか!?
  4. 最後に
- マジで怖いんでお気をつけて -
橋本環奈CMのTELLERの「おーい」という話がめちゃくちゃ怖い。

ベランダで外を眺めていると、遠くのマンションから「おーい」と手を振ってくる見知らぬ人物。しかも何日も続くので主人公は不審に。今夜はその人物に返事をしてみようと試みるが……。
会員登録がないので、インストールしてすぐに読めますよ。夜中ひとりで読まない方がいい奴です。

小室哲哉がついに不倫か!?

出典https://matome.naver.jp

2002年にはglobeのボーカル、

KEIKO(45)とブライダルし今後こそ

幸せいっぱいの2人だったがやはり小室

哲哉らしい女グセの悪さは相変わらずだ

った様です。

 

11年に妻の、KEIKOをクモ膜下出血が襲

ったのにも関わらず、本人も懸命な介護

を行って来たが年齢と共に疲れ果ててし

まったのか?

 

何とかして懸命に復帰に向けて取り組む

KEIKOだが、小室も傍らで支え、メディ

アの取材にも「僕にはこの人しかいない」

「彼女に寄り添いたい」と常々語ってきた。

 

にも関わらず今回の不倫とは、やはりこの

男にはプレイボーイの肩書がよく似合う。

 

昨年末から今月にかけ、小誌は小室の“背信

”現場を目撃したと言う。

 

その女性こそが小室哲哉の不倫相手とされ

る看護師のA氏です。

 

1月上旬には都内の高級ホテルで密会し、そ

の後はふたりは夕方腕を組み部屋を後にし

たと言う。

 

そして妻のKEIKOを大分の実家に帰したそ

の日になんと、このA氏を住居に入れ、一

緒に過ごしたと言います。

 

正に上級テクニックですね。

小室哲哉の不倫相手のA氏とは何者!?

正に、今回の不倫相手とされるのがこのA

氏が全てのカギを握っていると言っても

過言ではないですね。

出典http://hiroi24.com

ホテルの部屋から車寄せに現われた2人は

小室のベンツに。

 

A氏はこの車を、小室がいないときにも利

用していたと言うから驚きである。

 

この夫人、Aさんはシングルマザーで、柴

咲コウ似の美女だと言います。

 

小室とAさんの出会いは数年前、彼女が看

護スタッフという形で勤務していた診療所

で、診療を受けたときに遡る。

 

やがて小室のスタジオ、あるいは住居に彼

女を呼んで独自に接種を受けるようになり

2人の関係は近くなったと言う。

 

病人と看護スタッフだったはずの関係が、

最短最速で男と女の関係に変わってしまっ

たのか?

 

あくまでも一般人なので、顔の画像とか

は必ずしも公開などしないでしょうね。

密会場所のホテルはどこなのか!?

自分自身の不倫疑惑に関しては

「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」

としたことに加え、あくまで男と女の

関係は否定しています。

出典https://saisin-news.com

とは言え、Aさんと自分自身の部屋で同

時に寝たことは認めたそうで、これで何

も無かったと信じろと言う方が無理な話

である。

 

密会していたとされる高級ホテルと言わ

れる場所ですが、これはおそらく都内の

高級ホテルである事は間違いないでしょ

う。

出典https://saisin-news.com

一応、都内で代表される高級ホテルを見

ていきましょう。

  • ホテルオークラ
  • ホテルニューオータニ
  • ヒルトンホテル
  • ウエスティンホテル
  • ザ・ペニンシュラホテル

などなど、これらが都内でも有名な高級

ホテルです。

 

小室哲哉クラスなら、おそらくこれらの

一流ホテルで密会しよろしくやっていた

のではないか?

最後に

しかしながら、今回の不倫騒動でまたも

や小室哲哉のだらし無さが暴露されまし

たが、相変わらずといった感じでしょう

か?

 

KEIKOの母親もショックを隠せないよう

でかなり落胆していると言う。

 

とにかく、今後の小室哲哉とKEIKOの関

係、並びにA氏との関係についても注視

して行きたいと思います。

 

最後までご覧いただき本当にありがとう

ございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!