木曜日放送の「アンビリバボー」に神戸の王子動物園の飼育員であった

亀井一成さんが日本で初めてチンパンジーのチェリーを人工飼育

したことが特集されます。

 

何でも、亀井飼育員が自身の自宅にまだ幼いチンパンジーを

家族の一員として迎えたわけですから、ただ事ではない

理由があったに違いありません。

 

しかも、育児中に亀井さんの息子寿久さんは不満爆発で

ブチ切れ状態と、いったいこの一家に何があったんでしょうか?

今回は、その辺の事を徹底検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、チンパンジーのチェリーってなに? ページ1

2、亀井一成さんとは? ページ1

3、日本で初めての人工飼育 ぺージ1

4、現在は、剥製も人気! ページ2

5、息子の寿久がぶち切れ!? ページ2

6、最後に ページ2

スポンサードリンク

チンパンジーのチェリーってなに?

o0398060013023201922

出典http://matome.naver.jp

1963年に神戸王子動物園にメスとして生まれ、生後わずか

父のジョニーと母マコが育児放棄をしてしまったため

どうするか悩んでいた動物園は、その育て役に

飼育員の亀井一成氏に飼育をお願いしたそうです。

 

亀井氏は、当園で数多くの動物の世話や飼育を経験してきた

いわば育てのプロであり、輝かしい実績の持ち主でも

あります。

 

園は、そんな亀井氏の実績を称えチェリーの飼育を

依頼し亀井氏もこれを承諾し、日本で初となる

チンパンジーの人工飼育が始まった瞬間でもありました。

亀井一成さんとは?

img8c1325adzik3zj

出典http://plaza.rakuten.co.jp

  • 本名 亀井 一成(かめい いっせい)
  • 生まれ 1930年
  • 出身 兵庫県

亀井さんは王子動物園の飼育員として1951年に

業務につき、数々の動物飼育を担当してきました。

 

そして、1996年に定年を迎え退職し2010年に80歳の

年齢でお亡くなりになっていますね。

現役には「おはよう朝日です」にも出演し、地元では名物的な

存在として知名度も高かったため人気がありました。

いつも亀井さんは、

「1日でもいいから長生きしてよ~。」

と入園者の人たちに熱いメッセージを送っていたとされ

その愛情豊かな心には脱帽レベルでありますね。

日本で初めての人工飼育

とは言っても、自分の自宅で動物を飼うなんて全くの

初めての経験でもある亀井氏は、当時かなり大変

だったようで、家族の驚きはもちろん嫁や息子からは

大反対されたようで、懸命の説得によって自宅で飼育

されることが許可されたそうですね。

 

その後も、愛情を持って優しくチェリーに接する亀井さんの

心がチェリーの心を掴んでいくことになり、

本当の我が子のように、おむつ交換や食事を共にして

いたそうで、亀井さんの出勤の時でもいつも後ろにチェリーを

おんぶして園に通っていたそうですね。

 

こういうことが積み重なって、ついにはチェリーも心を

開き自分でおしっこができたり、絵を書くこともできた

そうで愛情表現をしながら育てることの重要性を

亀井さんが証明した瞬間でもありました。

チェリー1歳12月31日

出典http://www.kobe-ojizoo.jp

現在は、剥製も人気!次のページへ