毎週日曜日放送の「情熱大陸」に日本最強の

釣り士と名乗る本波幸一さんが特集されます。

 

何でも、「イトウ」と言う幻の魚を追い求めて

釣り一生の人生を歩んでいる本波さん。

 

その釣り人生を歩む前は、有名企業の

一サラリーマンだったが、幼い頃から

釣りで育った環境に身を置いていたた

め、残りの人生を大好きな釣りで

全うしようと決意されたんだとか。

 

今回は、そんな釣り大好き人間の

本波幸一さんを検証して

いきたいと思います。

それでは早速ピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)

1、本波幸一さんのWIKIプロフィールと経歴ページ1

2、イトウとの出会いは?ページ1

3、本波さんの釣り士としての実力はいかに!ページ1

4、本波幸一さんの年収はいかに!ページ2

5、ロッドやその他の釣り具がハンパない!ページ2

6、本波さんオリジナル釣り具とは?ページ2

7、最後にページ2

スポンサードリンク

本波幸一さんのWIKIプロフィールと経歴

abe_0449abemikio2012

出典http://www.kyokusyoku.co.jp

  • 本名 本波幸一(ほんなみ こういち)
  • 出身 岩手県久慈市
  • 学歴 岩手県内の水産高校卒業
  • 職業 釣り師(釣り士)

本波さんは、高校卒業と同時に国鉄

(現JR)に入社し、長らく勤めていたが、

父親が漁師の家系だったため、魚や

釣りという物に対して幼い頃から

身近にあったと言える。

 

自ら「釣り士」と名乗り、父親や先祖代々受け継がれる

武士道の精神を幼い頃から自然に身に付け、

「沈黙に徹するのが本物の士」と言う事を学

んだそうです。

 

その後も、真剣に釣りと向き合うようになり

長らく勤めていた国鉄を辞め自ら

釣り士本波幸一としてのブランドを

立ち上げる事に専念し、朝から晩まで

釣りと向き合う日々が続きます。

イトウとの出会い

本波さんは独立後、基本的には自分で

ルアーやロッドなどの釣り具を自社制作し

それを実践で使うようにしています。

 

そして、幻の魚と呼ばれる「イトウ」を釣る

のも決して例外ではなく、毎年夏と

秋には北海道にやって来るため、

雨が降ろうとも、強風が来ようとも、寒さで

凍えじのうが、本波さんには関係なく

どんな過酷な環境であろうが本波さんは

イトウを釣るために淡々と沈黙し、

作業を続けるんだそうですね(^_^;)

 

なぜ、本波さんがこれほどまでにイトウ

にこだわるのか?それは

 

幻の魚だからです・・・!(笑)

 

イトウは大きいものであれば、1,5mまで

あり本波さんが過去に一番デカいイトウ

を釣ったのが、2010年に北海道で

釣った112cmと言うのが最高記録

らしいです。

ritou100

出典http://www.tezukaartcraft.com

なので、本波さんの夢が

世界で5種類のイトウを釣る事を

目標にしているみたいですから、

なんとか達成してもらいたいものです。

ちなみに、その5種類とは?

  • イトウ=(日本)
  • アムールイトウ=(ロシア・中国・モンゴル)
  • 高麗イトウ=(北朝鮮)
  • チョウコウイトウ=(中国)
  • ドナウイトウ=(ヨーロッパ中央部のドナウ川)

と言う事ですね。

本波さんの釣り士としての実力はいかに!

本波さんは、家のすぐそばの川や

海に出て幼い頃から釣りの基本を

見て育ちました。

 

しかも、父親が漁師と言う環境も影響

しており、「釣り」という物は生活の

一部と言う環境でもありました。

 

なので、会社勤めをしてる頃から

釣りには一切妥協せず取り組んで来た

ため、44歳の時に国鉄を辞めて独立を

した時でも、その実力は臆することは

なく、以前なお安定したパフォーマンス

を維持しています。

 

「日本最強の釣り士」も呼ばれ、

フィッシング業界ではネーミングを

知らない人はいないとまで言わしめる

人物だそうで、まだまだその釣りに

対する情熱は健在と言う事ですね。

本波幸一さんの年収はいかに!次のページへ