気になる年収は?

飲食店経営者の平均年収は約550~650万

とも言われています。

 

バブル期のころと比べるとかなり落ち込んだ

そうですね。

 

しかし、今のこの飲食店業界のことを見れば

全然いい方だと言います。

 

居酒屋に絞って言えば、平均年収は

300~2000万位の格差が今はあるようです。

 

湯澤社長の場合は、現在33店舗を構えており

平均年収の最低の300万だったと仮定してみると

300×33=9900万っ!!

 

仮に2000万だとすると

2000×33=6億6000万っ!!

どちらにせよ、ハンパないことだけは確かですな。

 

しかもこれ、平均年収ですから家賃、

人件費、光熱費や材料コストなどの

固定費は差し引いての数字なんで、

とんでもない年収と言うことですね(^_^;)

スポンサードリンク

家族は?

現在湯澤社長のご家族は、お子さんが

いて奥さんがいるようですね。

 

借金で悩んでいるときに奥さんが

「一緒に頑張ろうっ!」と言くださったようで、

相当励みになったそうですね

 

義理の両親からも、「いつでも頼りなさい。」

言ってくれてかなり救われたと語っていました。

 

現在は、湯澤社長の会社で役員なり

お手伝いをしているのかはわかりませんが、

何らかの形で会社に関わっていることは

間違いないかもしれませんね。

まとめ

湯澤社長のモットーは↓↓

朝の来ない夜はない

CcA1rsdVIAENOVs

と常々言っているらしく、中々意味深な

言葉だと思います。

 

40億もの借金を返すとなると、普通の

精神力では無理でしょからよっぽどの

マインドをもっていたんだな~と改めて

勉強になりましたな。

 

「覚悟を決める」と言うことはそれに

向かって突き進むと言うことですから

とんでもない精神力を持っていたんでしょうね。

 

湯澤社長の今後に要チェックですな。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!