日曜日放送の「情熱大陸」にオルガン奏者でありオルガ

ニストの富田一樹さんが特集されます。

 

オルガンてなんか懐かしい楽器のように

思えるんですが、ちょうど管理人が

小学生位の頃に流行っていた楽器のように

記憶していますね。

 

そんな懐かしいオルガンを魔法のように

操る天才オルガニストが今回特集される

富田一樹さん。

一体どれほどの技術を持っているのか?

はたまた、どれぐらいの才能があり

どれぐらいスキルがあるのか非常に興味深いです。

そんな富田一樹さんを徹底検証していきたいと思います。

それでは早速ピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、富田一樹さんのWIKIプロフィールと大学 ページ1

2、オルガニストの実力がヤベえ! ページ1

3、富田一樹さんの年収はいかに! ページ2

4、富田さんの彼女や結婚はいかに! ページ2

5、最後に ページ2

スポンサードリンク

富田一樹さんのWIKIプロフィールと大学

photo

出典https://www.youtube.com

  • 本名 富田一樹(とみた かずき)
  • 生まれ 1988年7月7日(26歳)
  • 出身 大阪府
  • O型
  • 学歴  リューベック音楽大学修士課程

2007年に大阪府立山田高等学校を卒業し、

その後は大阪音楽大学を主席で卒業。

 

2011年にドイツのリューベック音楽大学で

バロック音楽を習い現地ドイツで音楽漬けの

毎日を送ります。

 

その後も、勉強と努力を怠らずひたすら

オルガンと向き合いながら日々研究の毎日

を繰り返し2016年には国際バッハコンクール

オルガン部門で日本人として初めて優勝し、

その才能を世界に知らしめる。

 

このコンクールは2年に一度しか開催されない

貴重なコンクールであり、「音楽の父」と

称されたバッハに例えて、1950年に

設立された若手音楽家のためのイベント

みたいですね。

 

このイベントで優勝した富田さんは、

「パッサカリア」と言う曲を披露しており

この曲はバッハの曲だそうですね。

出典https://www.youtube.com

コンクールが終わった富田さんは、

「バッハの音楽は複雑ですが、読み取っていくと、そこに宇宙があります。

今回のコンクールで成長できたし、この経験を今後に生かしていきたい」

と力強く語っていました。

ちなみに、ドイツは物価が日本よりも安いため

生活費や勉強に掛かった経費はほとんど無料

だったそうで、必要最低限の食費や生活必需品位

にちょっと掛かっただけだったそうです(^_^;)

オルガニストの実力がヤベえ!

富田さんの、師匠とも言うべき尊敬している

人物が作曲家でサウンドクリエーターの

崎元仁さんみたいですね。

473232545571595adc3550022

出典http://okmusic.jp/

音楽制作をメインに業務展開している、

「有限会社ベイシスケイプ」

の代表取締役社長であり、大ヒットゲームの

サウンドクリエーターとして活動されています。

 

主な代表作に、「ファイナルファンタジー」や「戦場の

ヴァルキュリア」、「伝説のオウガバトル」と言った

超有名ゲームの開発に取り組んでいますね。

 

世界的有名なオルガニストの富田さんが

絶対的なリスペクトを称し、尊敬するまでの

崎元仁さんとはかなりスゴイ人なのは

間違いないでしょう。

 

富田さんの方も、弱冠27歳で国際バッハコンクールで

優勝され、一気に世界的な有名作曲家から

認められる存在になりました。

 

幼少期からずっとバッハを勉強されており、

本格的にバッハにのめり込んだのは、

14歳の頃だそうで、本人曰く

「オルガンをさらに究めていきたい。将来は作曲も手掛けたい」

と意気込んでいましたね。

出典https://www.youtube.com

そら、優勝するわ!・・・(笑)

足の演奏がハンパないですな(^_^;)

富田一樹さんの年収はいかに!次のページへ