毎週月曜日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」にJALのトップ整備

マイスターでエンジン整備士の杉本好夫さんが出演されます。

 

時速900キロメートルのスピードで上空を飛ぶ飛行機の

心臓部分であるエンジンを守り続ける杉本好夫さんは

この道42年の大ベテランです。

 

わずか1ミリのずれでも、ことごとく修正していくその技術は

圧巻で、古い部品が杉本さんの手にかかればまるで新品の

ように戻ると業界では有名であります。

 

今回はその杉本さんの仕事内容から年収と整備マイスターとは

何なのかについて調べていきたいと思います。

 

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、杉本好夫さんのプロフィールと経歴 ページ1

2、年収はどれくらいなの? ページ1

3、杉本好夫さんの整備マイスターがスゴすぎる! ページ2

4、工場見学もできる!? ページ2

5、最後に ページ2

スポンサードリンク

杉本好夫さんのプロフィールと経歴

d77962f0

  • 本名 杉本好夫(すぎもと よしお)
  • 出身 兵庫県
  • 1975年にJAL入社

入社以来、様々な飛行機整備に関わる業務に従事してきた

杉本さん。

42年と言うこの業界一筋の根っこからの職人さんだと言えます。

 

杉本さんが担当しているのは、JALのエンジン整備センターの中でも

「部品整備課」と言われる部署で、主にエンジン部品の修理や

溶接、ハンドリペアと呼ばれる仕上げ工程が主な業務になるんだそうです。

 

時には、エンジン修理の専門家として運行整備のサポート業務も

行っているんだとか!

杉本さんは

豊富な経験と知識が必要な作業で、飛行機出発のスケジュールにも深刻な影響を与えかねない大変プレッシャーのある仕事でした。

と語っており、つねに責任感のある人柄だと感じました。

夢は、ご自身達が作り上げてきた技術とエンジン整備の知識を

将来に残したいとコメントしています。

年収はどれぐらいなの?

JALの社員で平均年収は700~750万前後と言われています。

ただ、ここ数年の間で最低が605万で最高が832万とされている

ことから、月給での平均は60万位となっているようですね。

 

杉本さんはおそらく、航空整備士と言うジャンルになると思いますので

30~40歳ぐらいで年収が600万前後と言われています。

一等、二等の国家資格があり、一等は一等航空運航整備士と一等航空整備士があり

一等航空整備士の方が収入が高いそうです。

 

杉本さんはこの中でもトップマイスターと呼ばれる最高峰の技術者

の一人です!

普通の整備士よりははるかに稼いでいるのは間違いないでしょう。

したがって、JALの整備士の平均が600万位ですから

杉本さんは、800~1000万位はあるんではないでしょうか!

杉本好夫さんの整備マイスターがスゴすぎる!次のページへ