毎週金曜日放送の「爆報THEフライデー」にささやき女将こと元船場吉兆

女将の湯木佐和子さんが登場します。

 

もう今から10年も前の事件でありますが、管理人も鮮明に

覚えています。

「食品偽装」や「料理の使いまわし」などが発覚し、

今まで築いてきたブランドを一瞬にして崩壊し廃業してしまった

船場吉兆。

 

今回はそんな船場吉兆の元女将である湯木佐和子さんの

現在や負債を8億もかかえてしまい、自己破産に追い込まれた

真相や息子たちは今なのをしているのか?について

検証していきたいと思います。

 

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、湯木佐知子さんのプロフィールと経歴 ページ1

2、今現在は? ページ1

3、衝撃のあの事件は!? ページ2

4、負債8億、自己破産の真相は!? ページ2

5、長男は母にぶち切れ! ページ3

6、次男の尚二がスゴいことになってる! ページ3

7、最後に ページ3

スポンサードリンク

湯木佐知子さんのプロフィールと経歴

01

出典http://matome.naver.jp

  • 本名 湯木 佐知子(ゆき さちこ)
  • 生まれ 1937年(78歳)
  • 出身 大阪府
  • 学歴 甲南大学経済学部 卒業

湯木佐知子さんは、船場吉兆の創業者湯木貞一の三女であり

吉兆グルーブ最後の社長と言われてきました。

 

1930年に創業者である、湯木貞一さんが大阪で創業し

一代で築き上げ各著名人の舌もうならす日本料理屈指の名店とし

て店舗展開していき当時大阪と福岡に4店舗を構え年商は14億円

まで上り詰めた飲食業界最大手の企業として成長しました。

 

当時、女将の佐知子さんをはじめとする丁寧な接客は業界でも

トップクラスだったと言い佐知子さんの記憶力は並大抵のものではなく

お客さんの好みの料理や名前などもすべて記憶していたそうで

その結果、客単価5万と言うとんでもない数字をたたき出して

いたんだとか(^_^;)

 

その後、創業者の貞一さんは95歳で亡くなり、三女である

佐知子さんが息子たちと共に経営権を握ったそうです。

余談ですが、貞一さんは茶道が大好きだったそうで

船場吉兆の料理に茶道の方法を取り入れるなどのオリジナリティー

を出していたとされ雑誌「暮らしの手帖」の連載になったそうですね。

今現在は?

佐知子さんは現在、賃貸マンションで年金暮らしをしているそうで

飲食業にはまったく従事していないようですね。

 

久しぶりに佐知子さんに会った次男の尚二さんはこんなことを

語っています。

もちろん、あの時お客様にかけた迷惑は忘れてはおりませんが、私たち家族にとっても、あれはつらい出来事で…。最近のことですよ、ようやく冷静に思い返して、家族であの事件について話せるようになったのは。

と、あの事件についてしみじみ語っていました。

本人もあの事件以来白髪が急に増加して、かなりへこみ精神的

にも追い込まれていたんだと思いますね。

 

そして、なにがあろうとも「借金を返すまでは死ねない」と話しており

10年たった今でも、まだあの事が頭から離れないのだと思います。

衝撃のあの事件は!?次のページへ