金曜日放送の「爆報THEフライデー」で遺産目当てに複数の男性を毒殺した罪で死刑判決を受けた筧千佐子被告が特集されます。

「かけひちさこ」と読むようですが、この筧という名字は筧千佐子被告が青酸化合物で毒殺したと言われている旦那さんの筧勇夫さんの名字ですが、筧千佐子被告はなんと4回の結婚・離婚歴、7人の不審死、10億円の遺産を手に入れていたそうです。
そして筧千佐子被告は2017年11月に京都地裁で死刑判決を受けています。

今回の特集では、その筧千佐子被告とお見合いをしたことがある方が新事実やその恋愛テクニックを告白するということで非常に興味深い内容です。

 

早速いってみよう。

後妻業の女と呼ばれた遺産目当ての連続殺人事件

筧千佐子被告がこれだけ有名になったのは、筧勇夫さん(当時75歳)が変死をとげた事件から、実は過去にも付き合っていた男性、結婚していた男性が次々と変死をしていて、男性が亡くなられて時間をおかずに次の男性、次の男性とお付き合いや結婚を繰り返してきたという異常性にあったかと思われます。

その内容がどれだけ異常だったのかを時系列で簡潔にまとめてみました。

・一人目
2005年 末広利明さん(79)交際開始
2009年 死亡。青酸化合物を飲ませたと言われている。

・二人目
2011年9月 本田正徳さん(79)と婚約
2012年3月 バイク事故で死亡、死因は致死性不整脈診断だが体内から青酸化合物が検出

・三人目
2013年9月 交際中の日置稔さん(75)が死亡、体内から青酸化合物が検出

・四人目
2013年11月1日 筧勇夫さんと再婚
2013年12月28日 筧勇夫さんが死亡、体内から青酸化合物が検出

事件として取り扱われたものだけで、4件。

それ以外にも筧千佐子被告の周りには不審な死や結婚、交際後すぐに死亡するという出来事が多く、事件以外にも6人の男性が亡くなられています。

なぜ連続殺人事件を犯したのか

あまりにも異常過ぎるこの連続性と期間をおかずに次から次へとという感じに筧千佐子被告の闇を感じるのですが、どれだけひどい人間なのかと思ってしまいますよね。

しかしながら初婚となる男性とは25年間連れ添っているんですよね。
1969年 大阪府貝塚市の男性と結婚
1994年 夫が病死

なぜ、筧千佐子被告はこのような異常な犯罪に手を染めるようになってしまったのでしょうか?

結論から言うと、筧千佐子被告は多額の借金を抱えていて、その借金返済のために遺産目当てで男性と結婚し、殺害するということを繰り返していました。

男性を次から次へと殺害しなければ返済できないほどの借金とは一体どれほどだったのでしょうか?

筧千佐子被告は、先物取引やFXと呼ばれる外国為替証拠金取引で多額の借金を抱えていたようです。
その額がいくらなのかはわかっていませんが、これまでに相続した遺産の総額はなんと

10億円

と言われているのですが、警察の調べでは現金は残っていなかったようです。

この10億円がすべて借金返済や新たな投資とその失敗によりすべて消えてしまったのでしょうか。。。

筧千佐子被告の事件の動機はこんな感じです。

投資をおこなう
 ↓
投資に失敗し、借金を背負う
 ↓
借金返済のために資産家と結婚し殺害する、またはすぐに死にそうな資産家と結婚する

しかしここで、疑問があります。

一体どうやって次から次へと資産家を見つけてくるのでしょう?
そしてその資産家たちはなぜ騙されてしまったのでしょう?
結婚歴を見たら、この女はヤバイとすぐにわかると思うのですが。。。

資産家をどうやって見つけるのか

筧千佐子被告がどうやって次から次へと資産家と付き合うことができたのか?

調べてみると結構ベタな方法でした。

結婚相談所に登録をしていたんだそうです。

でもその登録の数が異常です。

なんと10箇所以上の結婚相談所に登録をしていたのです。

しかも登録時に希望する条件がすごいんです。

相手に求める条件は

・高齢者

・一人暮らし

・資産家

だったそうですよ。

中には持病を抱えているというようなマイナス条件についてもOKというような登録をしていたそうです。

筧勇夫さんと出会うことになった結婚相談所は奈良にあるのですが、その結婚相談所のインタビューがあります。

「まさか、彼女がそんなことする人だったなんて、今でも信じられないんです。プロフィール文には、『趣味は読書、ガーデニング、お料理です』とか、『お相手に合わせる思いやりの気持ちを持っています』とか書いていて、優しいかたにしか見えなかったので…。

 結婚歴についても、『20年間連れ添った夫を病気で亡くしました』とだけ書いてあって、バツイチだと言っていたので、まさか、あんなに何人もと結婚、死別を繰り返していたなんて知りませんでした」

出典:https://www.news-postseven.com/archives/20141201_289570.html

再婚を繰り返している事実は隠していたようですね。

結婚歴や離婚歴はでも隠すことってできるんですかね?

調べたところ、本籍を変更すると書類上の痕跡は消すことができるそうですよ。

そしてこの付き合った男性たちを手玉に取る恋愛テクニックがすごいんだそうです。

事件後、マスコミに自身が語っていた言葉がそれを物語っています。

「あたしに求めるのは料理と洗濯と、夫婦生活」

この言葉が当時はかなり話題になりました。

夫婦生活というのがかなり意味深ですが、夜の夫婦生活のことだと思われますが、相当なテクニックの持ち主だったのではないかと思われますが、このあたりが、爆報で新証言として具体的に語られるのではないかと思うとちょっと楽しみですね。

お付き合いしていた男性はかなり高齢の方ばかりですので、そんな高齢の方々を喜ばせるようなすさまじいテクニックを持っていたのかと思うと、興味を通り越してちょっと恐ろしい気がしないでもないですが。。。

筧千佐子被告の経歴

筧千佐子被告がこういった犯罪に手を染めるようになったのは、どうも調べてみると、まず最初の結婚で夫に死別されたことからはじまっているようですね。

筧千佐子被告の経歴をご紹介します。


出典:https://matome.naver.jp/

名前 筧千佐子
旧姓 開拓千佐子
生年月日 1946年11月28日
出身地 佐賀県北九州市

佐賀県で産まれた筧千佐子被告。

高校は福岡県立東筑高校に進学します。

この高校は進学校として地元でも有名な高校だそうです。

高校卒業後は大学への進学を希望しますが、家庭の事情により進学を断念。
高校時代は女優の野際陽子さんに似ていたそうで、男子生徒にもかなりモテたそうですよ。

高卒で住友銀行に就職します。

勤務地は北九州市内だったそうです。

その後、1969年、24歳で結婚します。

出会いは旅行先だそうで、旦那さんは当時はトラック運転手だったそうで、結婚後に大阪府貝塚市に引っ越し、印刷関係の仕事を開業します。

結婚後は二人の子供を出産。

そして1994年に夫が病死。

夫と営んでいた印刷関係の仕事を夫に変わり経営をおこないますが、うまくいかず経営不振に陥ります。

2001年に廃業となっています。

その結果多額の借金を抱え、2003年には自宅が競売にかけられるなど借金の返済に苦労をしたようです。

そしてその2年後に一人目の被害者となる末広利明さんと交際を始めることになります。。。

筧千佐子被告の経歴をこうやってみると、なんとも言えない寂しさのようなものを感じますね。

一人目の夫が病死しなければ、印刷関係の仕事がうまく行っていればという気もします。

ただ世の中にはもっと大変な苦労をしつつも、道を間違えずに頑張っている人も多いわけで、自身の不幸を理由に他人を遺産目当てで殺害した筧千佐子被告に同情の余地はないですよね。

最後に

いかがでしたか?

青酸化合物による連続殺人事件、資産家を狙った連続殺人ということで当時はかなり話題になりましたが、2013年に事件として扱われて、死刑判決がでるまでに4年もかかっていたのですね。

この事件をきっかけに筧千佐子被告は後妻業の女という別名がつくようになりましたが、実はこれ映画化もされています。


後妻業の女

大竹しのぶ主演の映画ですが、内容がこちら。

「武内小夜子、63歳、若くして夫を失った熟年女性です。好きなことは読書と夜空を見上げること・・・わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで淑女然として老人たちに語る小夜子(大竹しのぶ)。その魅力に老人たちはイチコロである。80歳になる中瀬耕造(津川雅彦)もその一人。小夜子と耕造は互いに惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送るはず、だった―――。
2年後、耕造の娘、中瀬朋美(尾野真千子)は病院へと急いでいた。父親の耕造が脳梗塞で突然倒れたからだ。姉の西木尚子(長谷川京子)と病院で合流すると、のんきに着替えを持って来た後妻の小夜子から法外な葬式費用を要求される。
かねてから耕造の世話をろくにしていないように見えた小夜子に激昂する朋美と、ただただ唖然とする、主婦で世間知らずの尚子だったが、耕造は快復することなく亡くなってしまう。さらに、小夜子に法的効力のある遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。
朋美は同級生の弁護士に助けを求め、さっそく小夜子の調査が始まるが、そこで衝撃の事実が発覚する。なんと小夜子は、金持ち老人を色香で虜にし、後妻に入って金品を巻き上げる“後妻業の女”だったのである! ! 小夜子は過去に8人もの男と結婚を繰り返しては夫の行方がわからなくなっており、その背後には結婚相談所所長の柏木亨(豊川悦司)の影があった。

これは間違いなく筧千佐子被告をモデルにしていますよね。

原作はこちら。


後妻業(黒川 博行)

また筧千佐子被告について書かれたノンフィクション書籍も発売されています。


全告白 後妻業の女: 「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと

事件の内容がセンセーショナルだったこともあり、小説にもなり、映画化もされるなど日本社会に大きな爪痕を残した事件ですね。

女性が犯した事件ではこういった映画化や小説になった事件が多い気がします。
こちら福田和子の事件。
福田和子(松山ホステス事件犯人)の息子の今現在や整形と懸賞金がヤバすぎ!動機や裁判もハンパない![世界仰天ニュース]

また筧千佐子被告と同じように保険金目当てで殺人事件を犯した吉田純子の事件。
吉田純子(福岡保険金殺人事件犯人)のWIKIや性格と経歴や生い立ちが激ヤバ!勤務先やマインドコントロールもハンパない![トリハダスクープ]

また最近だとなんといっても畠山鈴香被告の事件ですかね。
自分の娘と近所に住む少年を殺害した秋田児童連続殺害事件です。
畠山鈴香の今現在や旦那(夫)と弟がヤバい!男好きで母親は?[水トク]

こちらももしかすると映画化がされるかも知れないですよね。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!