バルセロナ五輪の競泳で元金メダリストの岩崎恭子さんが

「あいつ今何してる?」に登場です。

 

岩崎さんと言えば、弱冠14歳で競泳平泳ぎの金メダルを獲得したことに

よって一躍日本のトップスイマーとして活躍しました。

 

しかしそんな岩崎さんに若すぎる年齢での活躍が批判の対象と

なってしまい、世間に知られないまま自分との格闘があったみたいで,

今だから言える過去のことや当時の同級生等の事を

語ってくれるみたいです。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

スポンサードリンク

岩崎恭子さんのプロフィールと経歴

o043204521341829530148

  • 本名 斉藤 恭子(さいとう きょうこ)
  • 旧姓 岩崎 恭子
  • 生まれ 1978年 7月21日
  • 出身 静岡県
  • 学歴 日本大学文理学部心理学科 卒業

1992年に、バルセロナ五輪の競泳平泳ぎ200メートルで自身初の

金メダルを獲得し

当時の競泳史上最年少金メダル獲得記録保持者になり、日本でも

最年少記録保持者になります。

 

当時の記録は、2:26.65で自身の最高記録も同時に更新したんだとかっ!!

レース後のインタビューであまりにも興奮気味に

「今まで生きてきた中で一番幸せです!」とコメントしたことは今では

名言となっています。

 

とにかく、弱冠14歳にしてとんでもないことを成し遂げたわけですね。

あれからもう24年も経つんですね。

なんで批判された?

その、名言が骨端となってしまいその後のレースでは徐々に成績が

落ちていき一躍「時の人」となってしまいました。

 

金メダルを取ったことで、一躍有名になってしまい「嫌がらせ」を受けた

と言います。

「まだ14歳じゃない?」「今まで生きてきた?」と言ったことが

世間からブーイングの的になってしまい、人間不信になりそうになり

「大人ってひどい」と思うようになったそうですね。

 

後になって、「金メダルなんて取らなければ良かった」や

「練習サボれば注目されないだろう」と言う考えになってしまい

姉も水泳をやっていたが、その後に辞めてしまったみたいです。

 

岩崎さんは自分のせいで姉を追い込んでしまったと思うようになり

ますます辛い日々を過ごしたみたいですね。

 

それでも、姉は「恭子のせいじゃないよ」

とかばってくれたと言います。

 

14歳と言う若さでこれだけ壮絶な過去を経験してきている岩崎さんは

当時の状況を「本当に素直な気持ちを伝えただけ」とコメントしており

自分を追い詰めたメディアたちのことを「絶対あの人たちのような大人には

ならない」心に誓ったと言います。

今何してるの?次のページへ