才藤歩夢(フェンシング・近代五種)さんが炎の体育会TVに出演されますね。
さいとうあゆむさんとお読みするそうですが、才藤歩夢さんは黒木メイサに似ていて、とてもかわいい、二刀流美人剣士だと評判です。

才藤歩夢さんはなぜ二刀流剣士と呼ばれているのでしょうか?全くわからないですが、かなり気になったので調べてみました。
また才藤歩夢さんのwikiや動画についてもまとめてみました。

そして炎の体育会TVで竹内涼真さんから大好きと言ってもらえるというご褒美がとても可愛らしいのでぜひチェックしてみて下さい。

#8月12日のジャンクSPORTSにも出演されるそうで人気がすごいですね。

 

早速行ってみましょう。

目次(コンテンツ)↓↓

  1. 才藤歩夢さんのプロフィール
  2. 才藤歩夢さんはどれくらい強いのか
  3. 才藤歩夢さんは近代五種の選手
  4. アンダーアーマーや日清食品がスポンサー
  5. 才藤歩夢さんの動画
  6. 竹内涼真に大好きと言われる

才藤歩夢さんのプロフィール


出典:https://a-sounanda.com/saiou-ayumu

名前:才藤歩夢(さいとう あゆむ)
生年月日:1996年9月14日
年齢:21歳
出身地:埼玉県
学歴:埼玉栄高等学校・早稲田大スポーツ科学部在学
趣味:ネイル

才藤歩夢さんは、現在早稲田大学に通う現役女子大生ですが、全日本学生選手権で優勝してしまうほどの女子フェンシング選手でもあります。

もともと中学生の頃は、才藤歩夢さんは陸上競技をおこなっていたそうです。
フェンシングを始めたのは中学2年。
高校でもフェンシング部に入部します。

そして、フェンシングをはじめて3年程度だと思うのですが、高校1年の秋の全国大会でなんと優勝してしまったそうです。

すごいですね。わずか3年ほどのキャリアで全国大会優勝です。

才藤歩夢さんはどれくらい強いのか

その後も世界大会に出場するなど、日本の女子フェンシング界のトップ選手として活躍をされています。
主な戦績は以下のとおりです。
2015年
フェンシングジュニア世界選手権出場
フェンシング全日本学生選手権 団体1位
フェンシング全日本選手権 個人2位/団体1位
2016年
フェンシング全日本学生選手権 個人優勝/団体ベスト8
フェンシングアジアジュニア選手権 個人3位/団体3位
2017年
フェンシング全日本選手権 団体1位

全日本団体戦での優勝のシーンですね。
真ん中の美人が才藤歩夢さんですが、黒木メイサに似ているという評判ですが、たしかに目がキリッとしていて似ているかも。

才藤歩夢さんは近代五種の選手

これだけでも相当すごい人だなということがわかるんですが、才藤歩夢さんは実は二刀流剣士と呼ばれています。

実は別の競技でもトップを争うアスリートでもあるのです。

それは近代五種と呼ばれるまた特別な競技です。

近代五種はご存知でしょうか?

射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニング

の5種目をおこなう競技なのです。

管理人はこの競技を知りませんでした。一体どういう競技なのでしょうか?
一瞬才藤歩夢さんより、この競技のほうが気になりますよね。

ちょっと調べてみました。

近代五種という競技は、古代のオリンピックで行われていたという古代五種というものに変えて、いまだったらこの5種目じゃないという5種目をピックアップして作られた競技だそうです。

なんと1912年の第5回ストックホルムオリンピックから採用された競技だそうです。

そして、日本の選手も2008年北京オリンピックで村上佳宏選手が16年ぶりに出場し、31位となったり、2012年ロンドンオリンピックでは、日本の女子選手として初めて、山中詩乃選手と黒須成美選手の2選手が出場したりしているようです。

ルールはこうです。
「フェンシング – エペによる1分間一本勝負の総当たり戦。勝率70パーセントを1000点とし、得点が増減する。1勝あたりの得点は試合数により異なる。
水泳 – 200メートル自由形。男女共に2分30秒を1000点とし、1秒あたり12点得点が増減する。
馬術 – 貸与馬による障害飛越競技。騎乗馬は抽選により決定する。12障害15飛越(ダブル、トリプル障害を含む)で行われ、高さは最高で120センチメートル、1200点満点からの減点方式。
コンバインド – フェンシング、水泳、馬術の合計点の得点差(1秒4点)でスタートする。レーザーピストルを使用し、5的を50秒以内に撃ち終える射撃と800メートルのランニングを交互に4回行う。ゴールした順番が最終順位となる。」
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E4%BA%94%E7%A8%AE%E7%AB%B6%E6%8A%80

このような競技があること自体知らなかったのですが、内容もなんかすごいですね。
フェンシングして、水泳して、馬に乗って障害物を超えて、最後射撃と800m走をおこなうなんて、なんか軍隊のトレーニングかなにかのようですね。

この内容をしかもなんと1日でこなさないとならないということです。

この過酷な内容から近代五種は「キングオブスポーツ」と呼ばれているそうです。
キングオブスポーツといえば新日本プロレスのことだと思っていましたが、どうも違ったようです(笑)

こんな激しい競技にチャレンジしている才藤歩夢さん。
その戦績はどうなんでしょうか?

2015年 近代五種全日本選手権第7位
2017年 近代五種W杯 混合リレー2位

しっかりと結果を残しているようです。
もともとフェンシングが強いですからね。

そして更にその強さの秘密がありました。
実は父親の浩さんも近代五種の選手だったのです。

1988年のソウル五輪に日本代表として出場していたそうです。
そして2012年ロンドン五輪では日本代表監督に就任しています。

ある意味、近代五種界のサラブレッドなわけですね。
5種目も別々の競技を行うために、当然5種目の練習をしないとなりません。
その5種目をこなせるコーチ、指導者というのはなかなかいないと思われますので、普通では練習が大変だと思われます。

でも才藤歩夢さんの場合は、身近なところに素晴らしい指導者がいるので、そういう意味でのメリットがあったのでしょうね。

次のページでは、才藤歩夢さんのセクシーでかっこいい練習着やかわいいインタビュー動画をお届けします。