森崎ウィンさんが4月23日の「しゃべくり007」に出演されましたが、そのときの様子がネットでは評判になっています。
「無茶振りにも笑顔で対応」
「演技がすごい!!」
と皆驚きのコメントです。

森崎ウィンさんは、スピルバーグ監督作品の「レディ・プレイヤー1」でハリウッドデビューを果たしましたが、スピルバーグから「日本一の演技力」と評価されたそうです。
その演技力が見事に発揮された番組の内容と、レディ・プレイヤー1でのギャラの額をぶっちゃけた話をご紹介したいと思います。

 

早速行ってみましょう。

目次(コンテンツ)↓↓

  1. 森崎ウィンのプロフィール
  2. スピルバーグが認めたすごい演技力
  3. ハリウッドデビューのギャラはいくら
  4. 森崎ウィンさんの性格は
  5. 最後に
- 最近の製造業・工場の求人がヤバイ!? -
人手不足のため条件の良い求人が急増中!

寮完備、社宅無料、土日休み、月給40万円
以上など、最近の製造業、工場系の求人の
条件がヤバイことになってたwww
採用決定でお祝い金¥10,000も貰えるとか
何なの(笑)

森崎ウィンのプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

生年月日 1990年8月20日
年齢 27歳
出生地 ミャンマー
身長 174 cm
血液型 O型
職業 俳優、歌手
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
活動期間 2008年 –

冒頭に書いたように、森崎ウィンさんは、ミャンマー人のご両親を持っています。
生まれも育ちもミャンマーになります。

じゃ森崎ウィンってどういうこと?本名じゃないの?

調べたところ
・ミャンマーでは名字というものがない
・ウィンは本名、おばあちゃんがつけた。「明るい」という意味。
ということです。

4月23日のしゃべくり007で森崎は芸名だと自身で語っていましたね。

つまり

森崎(芸名)
ウィン(本名)

ということが、事実になります。

小さい頃からミャンマーで生まれ育ったそうです。
そしてご両親の関係から、小学校4年生の時に日本に来日しました。

小さい頃は日本語もほとんどしゃべれなかったのでかなりいじめられたそうです。
ただ持ち前の前向きな性格でいじめを克服してきたそうです。

デビューのきっかけは、中学2年生のときにスカウトされたそうです。
そして2008年にPrizmaXというダンスヴォーカルユニットに加入します。

これは所属事務所のメンバーで構成されたようです。

スピルバーグが認めたすごい演技力

今回スピルバーグ監督作品の『レディ・プレイヤー1』に出演されていますが、それもオーディションを通して選ばれたそうです。

当初は、監督名も作品名もわからず、英語が喋れるバイリンガルの日本人役ということくらいしか知らされていなかったそうです。

そして動画での一次選考のあと、無事に二次選考に進み、面接をしにロスアンゼルスにいくと、そこにはなんとスピルバーグ監督が待っていたということでした。

見事にオーディションに合格したのですが、その映画撮影での演技がスピルバーグには高い評価をいただいたそうで、

「日本一演技がうまい俳優」

とスピルバーグが大絶賛しているということが番組で語られました。

するとこの「日本一の俳優」という言葉にひっかかる有田が

有田:オーディションには他の有名な俳優も来てたの?

森崎:はい。

有田:じゃそういう先輩俳優を押しのけて日本一ってことね。どういう気分?

森崎:(言葉につまる)えっと。。。。

そこで司会の上田が助け舟を

上田:スピルバーグより厳しい面接してんじゃねー

森崎:(ちょっと笑顔)

そして、このあとが圧巻です。

スピルバーグにどういうことを言われたのという質問に

森崎:first to the egg というセリフがとても上手だと褒められました

意味は、最初に俺がやるぜーみたいな意味らしいですが、これをじゃあやってみてよという無茶振り。

セットも何もなく、突然この短いセリフを言えって言われても。

しかし森崎ウィンさんは、笑顔でトライ。そして流暢な発音でさらっと「first to the egg」と軽いお芝居をしてくれました。

するとここからしゃべくりメンバーにいじられまくる森崎ウィンさん。

有田:じゃ次は優しい感じで言ってみてよ

この無茶振りにも笑顔で答える森崎ウィンさん。
見事な演技を披露します。

有田:じゃ次は怒った感じで。

ちょっとムッとした感じの演技の森崎ウィンさん。

有田:じゃ次はちょっとエロい感じ

さすがにこの要求は無理なんじゃないという気がしたのですが、これもチャレンジしようとする森崎ウィンさん。
上田が助け舟を出してくれます。

上田:俺がとなりで胸が大きい女性やってあげる

その胸をちらちら見ながら、興奮した感じでfirst to the eggとつぶやく森崎ウィンさん。

ここまでの演技が凄まじいです。
こんなすっと言われて人間できるもんですかね。

すると次は徳田から寝起きの感じでやってくれと言われます。
しかしこれもあくびをしながらそつなくこなして、会場からは感嘆のため息がもれます。

そして最後にきたのが超難問でした。

なんと、水中での「first to the egg」をやってみてというまさかの無茶振り。リクエストしたのは当然ホリケン。

しかしこれにも笑顔でトライする森崎ウィンさん!なんていい人、そしてチャレンジ精神あふれる前向きな姿勢。
めちゃくちゃ好印象です。

そして川なんか海なのかわかりませんが、鼻をつまんで水の中に潜っているような演技をする森崎ウィンさん。
苦しそうにコポコポいいながら、first to the eggといいます。

これは本当に見事でした。
水中でもがく様子、口に水が入りそうになりながらコポコポいう感じがまるで映画のワンシーンのようです。

この瞬間、しゃべくりメンバーからは

さすが日本一!

彼こそ日本一!

すげぇ!!!

と大絶賛の声があがったのです。
会場からも割れんばかりの拍手。

スピルバーグの日本一の演技力という言葉を受けて普通なら恐縮してしまうと思うのですが、森崎ウィンさんの場合は、そういってもらったスピルバーグに恥をかかせられない、どんな無茶な要求でもやってやるぞという男気というのを感じました。

会場のひとも、見ていた視聴者も絶対に彼のことが好きになった瞬間ですね。

こんな演技力のもちぬしの森崎ウィンさんが出演したハリウッド映画のギャラはぶっちゃけいくらなのか?

すごい気になりますよね。
ハリウッド!しかもスピルバーグ!
いくらなんでしょう?

次のページでご紹介です。