NHKアナウンサーの雨宮萌果さんの今現在を調査すると、なんと大物写真家の息子さんと結婚されることがわかりました。篠山紀信さんの息子である篠山輝信(しのやまあきのぶ)さんです。

雨宮萌果といえば、現在では「あさイチ」のレポーターや「サンドウィッチマンの天使のつくり笑い 」でMCをこなし、ニュースからバラエティまでこなせる女子アナということで、退職されてしまった有働由美子アナの後継者と期待をされている女子アナなんです。
そんな期待される女子アナが突然の結婚報道。

二人の馴れ初めや結婚した旦那さんの篠山輝信さんのこと、また雨宮萌果さんの妹があの有名な劇団に所属しているという話やアナウンサーになったきかっけ、特技を調べてみました。

 

早速行ってみましょう。

雨宮萌果さんのプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

本名 雨宮萌果(あめみやもえか)
出身地 兵庫県(東京育ち)
生年月日 1985年10月28日(32歳)
血液型 A型
最終学歴 法政大学人間環境学部人間環境学科
勤務局 NHK
部署 東京アナウンス室
活動期間 2011年 –

雨宮萌果さんは、あめみやもえかさんとお読みするのですが、芸名のような名前ですよね。
萌という字が入っているからかもしれませんが、なんか声優っぽい名前といいますか。

でもこちらはもちろん本名です。

母親は脚本家

雨宮さんのお母さんが実は業界のひとです。

脚本家、プロデューサーとして活躍されている天川彩さんです。

ご自身でオフィスTENという事務所を立ち上げて、すでに20年だそうですよ。

1962年 北海道札幌市出身。
大手音楽プロモーション会社勤務後、某新聞社系情報紙記者及び、企画部チーフを経て、時代のニーズとスピリット、そしてエンターテイメントを融合した企画会社『(有)オフィスTEN』を設立。

ナチュラル志向の現代にあったイベントや大自然体感型のツアーなどを手掛ける一方、テレビ・ラジオの脚本家や作詞家、コラムニスト、エッセイストなどとして「自然の叡智」や「日本の魅力」など各媒体を通して伝えている。童話詩人としてのライブ活動は1999年より。

出典:http://www.office-ten.net/douwasi/aya-prof.htm

また天川彩さんは、歌手のYUIさん主演で映画化された「タイヨウの歌」の原作者でもあります。

妹はお笑い芸人

こういった母親のもとに育ったからでしょうか?

妹さんも業界の人です。

妹さんは

雨宮あさひ

さんというのですが、実はなんと

劇団ワハハ本舗

に所属しているんです!


出典:twitter

2008年からワハハ本舗のお手伝いを始めて、なんと2011年の全国ツアーを自腹で全公演帯同したそうです。
その情熱が認められたんでしょうね。
2011年夏から正式にワハハ本舗の新人劇団員になったんだそうです。

その後、ワハハ本舗で活躍をされています。

しかしこの写真はかなりインパクトがありますね。お姉さんがお笑い系やバラエティもいけるのは妹の影響があるのかもしれませんね。

妹さんがワハハ本舗に入ったのも2011年。
雨宮萌果さんがNHKに入社したのも2011年なので、ふたりとも2011年が大きな転機となった年ですね。

NHKのアナウンサーとワハハ本舗の劇団員。
小さい頃からしっかり者のお姉さんとお調子者の妹という感じだったのかもしれませんね。

父親は科捜研の男

雨宮萌果さんのお父さんも実はすごい人だということがわかりました。

雨宮正欣(あめみやまさとし)さん。

なんと科捜研の男だったんですね。

科学捜査研究所に23年間務めていて、その道では知る人はいない存在だったそうです。主に覚せい剤や大麻、麻薬などの乱用薬物をはじめ、工業製品などの鑑定をされていたそうです。鑑定経験件数は5000件以上、法廷での証人尋問も多数経験されています。

現在はすでに科捜研は退職されているようですが、法科学研究センターの所長をされています。

ASUKAさんの薬物問題のときには薬物問題に関してコメンテーターとしてテレビに出演をされたりしているそうです。

あの「ホンマでっかTV」にも出演経験ありですよ。

篠山輝信との馴れ初め

こんなすごい家族の持ち主である雨宮萌果さんですが、旦那さんの篠山輝信さんも負けていないです。

お父さんは皆さんご存知、写真家の篠山紀信さん。

お母さんは元アイドルの南沙織さん。
とてもすごい人気のアイドルだったんですよ。

1971年にデビューして1978年に引退したスーパーアイドルでした。
当時音楽会で誰もが南沙織さんを狙っていたんです。吉田拓郎さんが大ファンだったことは有名な話ですね。

篠山紀信さんと南沙織さんは南沙織さんが引退後に恋愛関係になったそうですが、写真家として以前から交流があったそうです。

その後、3人の男の子が生まれます。
その次男が篠山輝信さんです。

ちなみに南沙織さんは沖縄県の出身なんです。

そして雨宮萌果さんと篠山輝信さんの出会いはなんと沖縄なんです!!

これは何かのめぐり合わせですかね。

2012年、当時雨宮萌果さんはNHKの沖縄放送局に勤務していました。

このとき朝の情報番組「あさイチ」のロケ取材で沖縄を訪れた篠山輝信さん。そのロケ取材の担当アナウンサーとして登場したのが雨宮萌果さんでした。

このときに二人は出会うわけですが、その後、雨宮萌果さんは福岡放送局に移動。

そして2016年に東京勤務となり、あさイチを担当されることになったんです。

今回、結婚にあたって、二人の付き合った期間は1年ほどと出ているので、雨宮萌果さんが東京勤務になってからしばらくしてお付き合いがはじまったということですよね。

篠山輝信さんのお母さんの生まれ故郷で自分の運命の人と出会うって、これまたドラマや映画のような展開ですよね。

雨宮萌果さんのお母さんがこれまた脚本書いてドラマ化しちゃうんじゃないでしょうか(笑)

雨宮萌果さんの経歴

雨宮萌果さんですが、関西出身ということで、子供の頃からお笑いが好きだったそうです。

テレビでもお笑い番組ばかり見ていて、妹のあさひさんと一緒にその真似をしていたんだそうですよ。

しっかり者の姉と思いきや、「おちゃらけ者」と自身で語っています。

おちゃらけ者って面白い表現ですね。

高校ではダンス部に入ったそうです。
クラシックバレエを8年間習っていたそうで、踊ることが好きなんですね。
特技、ダンスと公言していますが、これは本当に特技と言えるレベルなのかもしれませんね。

そして大学生では、なんと落語研究会に入会します。

え、落語!!とびっくりですが、もっとびっくりなのは本当はお笑いサークルに入ろうとしていたということです。

大学でお笑いをやってみたかったんだそうですよ。

落語研究会は女子が2名しかいなくて、相談する先輩が頼りなく、自分で高座名も考えたんだそうです。
富士見亭百花という高座名だったそうです。

春休みや夏休みは全国の老人ホームを回って落語を披露していたそうですよ。

しっかり者と思いきや、おちゃらけ者で、落語研究会出身のお嫁さんというのは篠山輝信さん、楽しい家族になりそうですね!!

アナウンサーには奇跡的に合格

雨宮萌果さんがアナウンサーを志したのは、ダンスや落語を通じて自分が何かを表現することが好きなんじゃないかと考えたからだそうです。

でも自分がアナウンサーというのはあまりピンと来ていなくて、ディレクターで番組を作る側と言う方に魅力を感じていたそうです。
なので他のテレビ局にはディレクター志望で応募していて、NHKだけアナウンサーとして応募をしたんだそうです。

それが奇跡的にNHKに合格したためアナウンサーとしての道を歩むことになったということです。

人の人生はわからないものですね。

でもNHKに受かるって相当な実力がないと無理ですよね。

もともと雨宮萌果さんに他の人にはない光るものがあったんだろうと思いますよね。

最後に

今回篠山輝信さんとの結婚を発表した雨宮萌果さんについて調べてみました。

結婚は来年1月を予定されているそうです。

ちなみに雨宮萌果さんですが、大晦日の名物番組「紅白歌合戦」の司会を担当することに!と言っても、紅白歌合戦の副音声の「ウラトーク」のほうです。サンドウィッチマン、渡辺直美と一緒だそうですが、絶対に今回の篠山輝信さんとの結婚の話はいじられそうですよね。

しかしアナウンサーは相当忙しい職業です。結構最近も多くのアナウンサーがすれ違いによる離婚をされていますよね。
NHKですと桑子真帆アナが今年離婚してしまいましたが、これもすれ違い離婚です。

他にすれ違いで離婚したアナウンサーというと、たとえば最近不倫騒動で活動自粛の阿部哲子アナがいますね。
阿部哲子(女子アナ)梅沢富美男との関係と離婚した旦那。美人でかわいいと評判だが再婚は?

芸能関係の人はこの忙しさによるすれ違い離婚が本当に多いです。

元フィギュアスケート選手の鈴木明子さんもそうです。
鈴木明子の現在は離婚してバツイチ。プロフィギュアスケーターでアイスショーで活躍。

二人共、忙しくてすれ違い生活のせいで心が離れてしまい、離婚というパターンです。

雨宮萌果さん、結婚後もお仕事は続けるという場合にはちょっと心配ですね。

 

 
最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!