元フィギュアスケート選手の鈴木明子さんがご結婚したと言うニュース

が入ってきました。

 

昨日の優香さんと言い、連続して芸能界やスポーツ界からおめでたい

ニュースが報道されていますね。

最近では、不倫関係の報道がやたらと多かったためか

こう言うめでたい報道が連続してあると、なんか気分も嬉しくなって

きますよね!

 

そんなわけで今回は鈴木明子さんの旦那さんがいったいどんな

人なのかについて徹底検証してみたいと思います!

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、鈴木明子さんのプロフィールと経歴 ページ1

2、旦那さんは超エリートの外資系! ページ1

3、旦那さんの年収が気になる! ページ1

4、性格はどうなの? ページ2

5、出会いは実家の和乃家? ページ2

6、まとめ ページ2

スポンサードリンク

まずは鈴木明子さんのプロフィールと経歴

o063606401401674376577

出典:http://ameblo.jp/suzuki-akko/

  • 本名 鈴木明子(すずき あきこ)
  • 生まれ  1985年3月28日(31歳)
  • 出身 愛知県
  • 学歴 東北福祉大学 卒業
  • 趣味 読書・ヨガ・料理・書道

6歳の時にスケートをはじめ名古屋の有名な先生のもとで指導を受けて

徐々に頭角を表します。

その後も中学、高校と学業と両立しながらフィギュアスケートに打ち込み

高校1年の2000年には全日本のジュニア選手権で見事2位を勝ち取ります。

 

今まで出場したオリンピックは数知れず、20代後半に入ってから

安定した成績を残す印象がありました。

業界では遅咲きのフィギュアスケーターとして一時代を

築いた選手の一人でもありましたね。^^

全日本選手権優勝時の一部始終がこちら↓↓

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3G1Zv-j7NrY

そして、29歳の世界選手権を最後に現役を引退し現在は

若い選手の指導や、振付師、テレビ、ラジオの解説などを行って

いますね。

 

旦那は超エリートの外資系!

鈴木明子さんの旦那さんは何でも外資系のエリートサラリーマン

と言うことが連日報道されています。

では、果たしていったいどんな会社で働いているんでしょうか?

気になりますよね~!

 

管理人的にまとめてみたんですがざっと

  • ・マイクロソフト社
  • ・グーグル
  • ・ゴールドマンサックス
  • ・マッキンゼー
  • ・アマゾン

などなど、数え出したらキリがないんですがどれ

も超一流の企業です。

COW121000645_TP_V1

外資系と言うだけで普通の平凡なサラリーマンが入れるような

会社ではありませんから、それ相当の能力があるんだと思いますね!

 

エンジニアなのかプログラマーなのかは情報がないので

はっきりとは言えませんが、おそらくそれに近い業種だと

管理人は勝手に推測しています!(笑)

気になる年収は?

旦那さんに関して言えば、こちらの項目が一番気になるんでは

ないでしょうか?

 

ちなみに鈴木さんの年収なんですが、現時代はもちろん各スポンサー

などからの支援やCMなんかにも出演していましたから

数千万の年収は間違いなくあったと思いますが、現在は指導者としての

仕事をしていますから、現役時代よりは下がってはいるものの

かと言っても1000万位の年収はあると思いますね!

 

旦那さんはどこの会社に努めているかまだ情報がありませんので

一概には言えませんが、もし上記の会社に勤めていたら

とんでもなく高給取りだと言えますね!

 

ちなみに上記の各会社ごとのギャランティーを調べてみました!

・マイクロソフト社

もう世界的に有名なアメリカに本社がある世界最大のソフトウェア

の会社です。

ウインドウズを開発した会社で創設者のビルゲイツの総資産は

数兆円と言われています!(^_^;)

 

マイクロソフト社の社員の平均年収は約700~800万

役職につけば、1000~1500万と言われています。

部署や勤務業態にもよって変わってきますが

おそらくこれぐらいの年収だということですね。

 

マッキンゼー

正式名称は「マッキンゼー・アンド・カンパニー」で世界でもトップ

クラスの外資系コンサルティング会社です。

 

出身者は、お笑い芸人の石井てる美さんやDeNA社長の南場智子さん等が

います。

完全結果主義の会社なので、結果が出ていない社員はクビになる

とも言われ実力のある者しか生き残っていけない会社として

有名です。(^_^;)

しかしながら、その分報酬はハンパなくマッキンゼーの社員の平均年収は

軽く1000万以上で、中でも仕事ができる強者は1500~2000万

は稼いでいると言われています!

 

グーグル

言わずと知れた世界ナンバーワンの検索エンジンを開発した

ソフトウェア会社。

今や全世界トップのシェアを誇るグーグルの検索エンジンは

各国からトップクラスのプログラマーやエンジニアが集まり

日々研究と新しいソフトウェアの開発に携わっています。

 

したがってグーグル社員の平均年収は、1000万を超える

そうで、優秀な人材であれば1200~1500万は稼いでいる

そうですね!

 

ゴールドマンサックス

こちらも世界最大の投資銀行で、アメリカに本社の置く大企業。

その社員の平均年収は、1200~3500万と桁違いっ!(^_^;)

 

このように、基本的にアメリカの企業や外国の企業は成果報酬型で日本の

企業とはまったく正反対の考え方です。

したがって結果を出している人材のみが高報酬を得れるシステム

となっているため、モチベーションがあがり結果につながって

いるんだと思いますね。

 

鈴木さんの旦那さんが、もしこう言う形態の企業に勤めているならば

相当能力が高い人材だと言えますねっ!^^

旦那さんの性格はどうなの?次のページへ