杉本さんの整備マイスターがスゴすぎる!

整備マイスターとは、JALグループの

飛行機整備エンジニアの制度です。

 

まず、入社後に基本的な訓練を受け経

験を積んでいきます。

 

そして、初級整備士、2級整備士、

1級整備士と段階的に資格を取得して

いき長年に渡って技術を学んでいくそ

うですね。

 

20歳で入社してきても一人前になれ

るのは30歳を超えるとも言われてお

り、個人差は多少なりあるにしてもや

はり独り立ちするには、それなりの時

間が必要な仕事だと言えます(^_^;)

 

マネージャーの小久保吉純さんは、

07_s

出典http://travel.watch.impress.co.jp

実際の作業では、エンジン構成部品を単体まで分解し、エンジンブレード 1枚 ボルト 1本まで検査して
自社修理可能な部品を修理・点検し、組立・試運転まで実施しています。

と語っており、マインドからマナーま

で一見飛行機整備には関係のないこと

かなと思うことまで、安全なエンジン

をお客様に提供すると言うことには変

わりないので知識、スキルの一環とし

て学んでいるそうですね。

 

そして、杉本さんの整備マイスターと

言うのは

G3がエキスパート、G2がマイスター、G1がトップマ

イスター

とランクがあり、3000人に2人

しかいないとされるトップマイスター

が杉本さんなんですね。

 

2人ってかなり神がかっていますね(^_^;)

工場見学もできる!?

JALの飛行機整備工場は無料で工場見学

ができるんだそうですね。

 

将来パイロットや整備士になりたい人、

ちびっ子たちには好奇心溢れる場になる

のは間違いないでしょう。

 

毎日10時から16時(1日4回開催)

までやっており半年前から予約ができる

そうです。

 

予約方法は基本的にネットからなので、

興味のある方は一度行かれたらいいと

思いますな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は飛行機整備士の杉本好夫さんにつ

いて紹介させていただきました。

 

3000人の中のトップですから、かな

り業界でも重宝されていると思いますし、

同じ仕事を42年もやってきているのは

やはりダテじゃないですよね。

 

これからも、体に気を付けて頑張って欲

しい限りですね。

 

今後の活躍に期待しましょう。

それでは今回も最後までご覧いただき本

当にありがとうございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!