元AKB総監督でタレントの高橋みなみことたかみなが

「Rの法則」に登場です。

 

総勢300人を超すAKBグループを支えてきた絶対的リーダーが初めて

明かす理想のリーダー象や、嫌われない注意の仕方などを

番組を通して紹介されますね。

 

AKBに入って約10年間もの間、数々の困難や葛藤を乗り越えて

きた彼女独自の考え方方や、気合を入れるための掛け声の出し方まで

今まで聞けなかった事を暴露してくれるそうなので

さっそく徹底検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、たかみなが理想とするリーダー象とは? ページ1

2、嫌われない注意の仕方とは? ページ1

3、チームの集中力を高める掛け声とは? ページ2

4、最後に ページ2

スポンサードリンク

たかみなが理想とするリーダー象とは?

14歳でAKBに初めて加入したたかみなは、まったくリーダー

として人をまとめ上げるタイプではなったと語っており

活動してメンバーたちと、コミュニケーションをとっていくにつれて

段々自分が掛け声や知らない内に自分よりも若いメンバーに対して、

面倒を見るようになっていったと言います。

Ce5tssDVIAAnppq

出典:https://twitter.com

そんな様子をプロデューサーの秋元康さんが評価し彼女を

まとめ役の「総監督」に指名したのは皆さんもご存知でしょうが

彼女にしてみれば、もちろん経験もないしそんな重役など

務まるのか?とかなり不安になっていたと言います。

 

とは言え引き受けた以上は結果を出し、みんなをまとめなくちゃいけない

と言う責任感から、彼女なりの努力とメンバーを思いやる気持ちが

徐々にチームを一つにして行ったそうですね。

 

その中でたかみなが理想とするリーダー象とは

私がリーダーの役割のなかで最も大事だと思うのは、メンバーひとりひとりをよく理解することです。人の短所は目をつぶっていても見えてしまうものですが、長所は相手を知ろうと思わない限り、なかなか見えてこないんです。相手を理解して、好きになって、信頼関係を築く。それが“時にはメンバーを叱る”“仕事を任せる”といった、

リーダーの役割のベースになっている気がします。

と、語っておりチームをまとめるコミュニケーション能力であったり

メンバーといい関係を築くことがAKBを支える原動力となっている

と思いました。

さらにたかみなが言う「いい関係」とは

いい関係というのは、その子にとって自分が“何かをしてくれる人”になるということ。人は自分のために何をしてくれたかで、その人との信頼関係を査定するところがあると思うんです。なので、この人は自分を見てくれている、自分を褒めてくれる人、という認識を植え付けるためにも、できるだけ褒めてあげたり、“見ている”ということを伝えるようにしています。

とも、語っており何百人といるメンバー一人一人のモチベーションを

ちゃんと把握し、時には声をかけてモチベーションアップを

心がけていたんですね。

嫌われない注意の仕方とは?

そうは言っても、時には自分自身へのストレスやメンバー内への

いざこざが数え切れないほどあったと当時を振り返るたかみな。

 

そんな時はやはりリーダーであっても落ち込んだそうで

ある日秋元康プロデューサーに相談したところ

メールが返って来て、こんなことを言われたそうです。

たかみなへ 周りを恐れずに、自分の意見を言ってみなさい。そして、嫌われる勇気を持ちなさい。

と、メールが返って来たと言い今まで嫌われたくないとか

メンバーの欠点を見つけても本人に直接言えなかったそうで、

この一言で吹っ切れることができたそうですね。^^

f_08933454

何でもそうですが、人は一人ではなく周りのサポートや助けがあって

初めて成長できるもの。

したがって、たかみな本人も今まで自分がメンバーの面倒を見てきては

「嫌われ役」を経験し、自分がへこんでしまった特は先生(秋元康)が

ちゃんとサポートしてくれているんだ。と実感した瞬間ではなかったのかな

と感じています。

 

そして、先生に教えてもらった「嫌われる勇気を持つ」を実践したことに

よりAKBグループをまとめ上げていく決心がより深くなったと言い

覚悟を持つことが出来ましたと力強く語っていました!

チームの集中力を高める掛け声とは!?次のページへ