月曜日放送の「しくじり先生」に漫画家の

のむらしんぼさんが出演されます。

 

のむらしんぼさんと言えば「コロコロコミック」の生みの親として

系列漫画を世に送り出した第一人者として有名ですよね。

 

そんな、のむらしんぼさんの過去が没落して

ハンパないことや宗教にハマっているので

はないかと言う噂もチラホラあり、ガチでネタを

パクッていたこともあったとか。(^_^;)

 

今回は、壮絶な人生を歩んできた

のむらしんぼさんについて

検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

  1. のむらしんぼさんのプロフィールと経歴
  2. 離婚していた!
  3. 今現在や年収は?
  4. ネタをパクった!?
  5. 宗教にハマってる!?
  6. 最後に
スポンサードリンク

のむらしんぼさんのプロフィールと経歴

nomura_hage

出典http://manga-jp.com

  • 本名 野村 伸(のむら しん)
  • 生まれ 1955年9月24日(60歳)
  • 出身 北海道
  • AB型
  • 学歴 立教大学 中退

大学在学中に、ある時青年漫画を朗読していたらその内容に

衝撃を受けそのまま漫画家の世界で飯を食っていくことを

決意したらしく、大学も中退しています。

 

その後、「ケンカばんばん」でデビューし数多くの作品を

出しバブル絶頂期だった超人気コミック「コロコロコミック」

の系列漫画を中心に活動していました。

 

1985年に、のむらさんの大名刺とも言える

「つるピカハゲ丸」が売り上げ部数500万部を超える

大ヒットとなり2年後の1987年には

「小学館漫画賞児童部門」を受賞しました。

 

あまりにも話題になりすぎたため、テレビでアニメ化

されるほどに成長し、のむらしんぼと言うネーミングを

一斉に世の人たちに知らしめた瞬間でもありましたね。

スポンサードリンク

離婚していた!

この大ヒットの実績で、のむらさんの生活環境がガラッと

変わり相当稼いでいたと言われており、のむらさんは毎晩の

ように飲みに出歩いていたそうですね。

 

まさに、一世風靡を成し遂げた瞬間でもありましたが

世の中は決してそんなに甘くはなかったようで、

大ヒットしていた「つるピカハゲ丸くん」の連載が終了し、

のむらさんの生活環境は一気にどん底まで落とされる

結末になっていきました。

 

その後も、もう一度ヒットを狙っては作品を書き続ける

のむらさんに対し、書いても書いてもヒットしない作品に

完全に迷走してしまい、ついには精神的ショックが襲い

長期スランプに入って行ってしまったようですね。

 

このことが原因で収入面も安定せず、ヒット作が生まれない

間はほぼ、収入がなく家族の生活費やアシスタントの給料、

そしてテナントの家賃などが重なり、

「ハゲ丸くん」がヒットしたときの残高がおよそ2億円

あったそうでそれらの貯金はあっという間に消えて

行ってしまったそうです。(^_^;)

 

そして2014年に奥さんから

漫画と心中したいんでしょ?
その望みをかなえてあげます

と言われ、離婚届を出されてしまいついには愛想を

つかされてしまいます。

ただ、のむらさんは奥さんには凄い感謝をしており

自分が大忙しの時に、ほとんど家にも帰れずにスタジオに

引きこもって作業をしていたのにも関わらず3人の子供

を今まで育ててくてたことに最大限のリスペクトを

評していました。

今現在や年収は?次のページへ