その1 自由がない!

競争率が激しい選考を勝ち上がっても、そんなものは氷山の一角

に過ぎないと言えます。

 

まず、自分の好きなメイクや髪型ができないのがかなりの

ストレスに感じるかもしれません。

 

とくに女性ですからオシャレやファッションに敏感でいつでも

トレンドを追っかけていたいものです。

 

そして、自分の行きたいところへも行けません。

すべて会社に管理せれているということから

自由がなくかなり制約された職業だといえます。

その2 上下関係がヤバイ!

この仕事の上司すなわち先輩は「絶対」という言葉がピッタリ

当てはまるかもしれません。

 

先輩CAが後輩CAの管理をしているといっても過言ではありません。

制服スカートの長さを厳しくチェックしたり、後輩のスケジュール管理

から寮の部屋わりまでありとあらゆることを先輩が行っているといいます。

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V1

従って先輩の言うことは「絶対」に近いらしく従わなければいけないそうです。

2014年に起きた大韓航空の副社長が自社CAに対してサービスマニュアルが

気に入らなく、飛行機から降ろさせたのはあまりにも有名です。

その3 給料が安い!

過去には、非常に待遇もよく年収が1000万を超える職業でしたが

今はまったくその面影がなく平均年収が約400万ぐらいみたいです。

 

航空会社によっては250万~300万ほどだと言うからかなりビックリです

よね~。

 

これだけ厳しく制約もありこの年収だと、とても割にあう職業だとは

言えないですよね。

 

今では、契約社員という働き方もあるようでパートみたいに

時給方式なんだとか。ちなみに平均時給が1500円ぐらいみたいです。

なんかいろんな働き方があるようですね。

スポンサードリンク

その4 不規則で体力勝負!

労働環境はまさにハチャメチャと言います。

かなりの不規則で、拘束時間は平均20時間と言います。

 

国際線に至っては機内での仮眠が2~4時間で中一日のフライトステイ。

ひと月に最低でも6~7か国は飛ぶそうです。

Cdy23WGUAAE78hc-375x500-1-375x500

出典https://twitter.com

これを繰り返していると、かなり体力的に持たないという方がおおいらしく

時差ぼけや、昼と夜が逆転した生活がきつく実際に辞める方もいる

みたいですね。

まとめ

かなり過酷なお仕事だということがわかりましたが、これに

横澤さんが挑むとなれば相当な根性と忍耐が必要ですね。・・・(笑)

 

今までのバラエティー感覚でやっていては、先輩CAから鬼のような

カミナリが落ちることは間違いなしですから、ぜひとも

体をはっていっぱい失敗して欲しいと思います!(笑)

 

今後の活躍に期待しましょう!

こちらの関連記事も読まれています!↓↓

⇒加藤沙里が胸を高須院長に触ってもらい炎上レベルに!整形や拒食症はどうやらマジ!?

渡部建(アンジャッシュ)の共演NGは脊山麻理子!!理由や原因は?家族と離婚後の彼氏が気になる!7時にあいましょう

⇒野沢直子「深イイ話」で15年ぶりに家族を公開!アメリカに渡った理由とは?気になる年収は?