「ドキュメント72時間」山奥の不夜城レス

トランこと「いろり山賊」が特集されます。

 

場所は、山口県に位置するようですが何や

ら県民の人たちは深夜にもかかわらず、こ

の場所を目指して車やバイクを走らせると

言います。

 

特に若者の間では、人気のスポットとなっ

ており地元民はもちろんですが、県外など

からも週末になればたくさんの人が集まる

のだと言いますな。

 

今回は、そんな謎めいた不夜城こと「いろ

り山賊」をピックアップしていきたいと思

います。

 

早速いってみましょう。

目次(コンテンツ)↓↓

  1. 山奥の不夜城レストランとは?
  2. 人気のヒミツは料理?
  3. 若者がわざわざ山を超えてくる理由は?
  4. 山奥の不夜城レストランの場所や評判は?
  5. 予約は出来るの?
  6. 最後に
スポンサードリンク

山奥の不夜城レストランとは?

出典https://tabelog.com

世間の週末にでもなれば、夜中にもかかわ

らず車のスポットライトが赤々と光ってい

ます。

 

みんな同じ方向に向かって走っている様な

感じですが、どうやらお目当ては「いろり

山賊」と呼ばれるレストランです。

 

山口県と広島県の県境を挟んで、国道をひ

たすら走っていると辿り着く食事処だがこ

のレストランが若者の間ではもはや定番と

なっているみたいだ。

 

現在、山口県をメインに3店舗展開してい

る一見変わったレストランだが、地元では

名所として既に話題になっています。

 

ピーク時の時には、4000人以上もの客が押

し寄せるとも言われている超人気店だが、

山奥で且つ真夜中にもかかわらずなぜここ

まで人が押し寄せてくるのか?

人気のヒミツは料理?

レストランなので、まず第一に料理が美味

くなくては話になりません。

 

客はそれを求めに来るんですから・・・(^_^;)

 

何でも、変わった料理を展開しているそう

で、うどんをメインにした麺類や「山賊焼

き」と呼ばれる鶏料理などが人気のようで

す。

 

しかもこの店の料理の特徴は、とにかくボ

リュームがハンパない事なのです。

出典http://www.geocities.co.jp

「山賊むすび」と呼ばれるおにぎりは、た

だの握り飯ではなく、スイカ半分ぐらいの

大きさでとにかくボリュームがヤバい。

 

食事処でもあり、ファミリーレストランで

もある「いろり山賊」は正に山賊のネーミ

ングに相応しい豪快な料理が売りなのだ。

若者がわざわざ山を超えてくる理由は?

何でも、地元の若者は車やバイクの免許を

取れば真っ先に目指すのがこの「いろり山

賊」と言う。

 

なぜ、若者はこの場所を目指すのか?

 

おそらく、免許取り立てで運転も経験不足

な為に最高の練習ルートになっているので

はないかと管理人は予想します。

 

山奥と言う事ですから、訓練の場では最高

のシチュエーションであり、無事到達すれ

ば美味い料理も待っていると言う事で、若

者の間では正に免許取りたての名所になっ

ているものと思われます。

スポンサードリンク

山奥の不夜城レストランの場所や評判は?

評判は間違いなく、上々でしょう。

 

お子さん連れの家族から、2人組のカップ

ル、1人で気ままに来る人もいれば、運送

業などの仕事中にフラッと立ち寄る人まで

様々な人が訪れますな。

 

料理の方も、

  • 山賊焼き
  • 山賊むすび
  • 山賊手打ちうどん
  • 餃子
  • 鶏唐揚
  • たたき
  • 茶そば

などなど、和食を主に一見変わった料理が

多くの人にウケてる感じです。

 

秋には、ハロウィンなども開催される事で

食材なども秋の味覚などが楽しめるようで

すな(^^)

 

場所はこちら

いろり山賊 玖珂店

住所:740-0314 山口県岩国市玖珂町1380-1

営業時間:9:30~翌3:00

JR山陽線「玖珂」インターチェンジから車で約15分

JR岩徳線「欽明路」駅から徒歩約30分

 

予約は出来るの?

基本的に、予約はOKみたいで料理の方も

3日前までは好みに合せて相談に乗ってく

れるみたいです。

 

さらに、無料バスが出ており規定の予算と

人数分をクリアすれば送迎してくれると言

う嬉しい特典まであります。

 

是非、大人数で利用する場合は無料バスを

使われるといいですな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、山奥の不夜城レストランこと「い

ろり山賊」にスポットをあてていきました。

 

管理人は関西の都会に住んでいるので、こ

んなとこがあれば羨ましいですな。

 

中々、都会などにこの様な名所はないので

是非中国地方に出向いた時には立ち寄って

みたいです。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!