毎週火曜日放送の「マツコの知らない世界」に風鈴コレクターの土田義郎

さんが出演します。

 

今までに1万種類以上もの風鈴の音を聞き比べてきたという音の

プロフェッショナルです。

現在は主に音の専門分野の研究や、環境心理

さらには、音響境評価(サウンドスケープ)の専門家として

活動されています。

 

今回はそんな風鈴コレクターを通して、音(サウンド)

を研究されている土田義郎さんの経歴から私生活までを

ピックアップしていきたいと思います!

それではさっそく行ってみましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、土田義郎さんのプロフィールと経歴 ページ1

2、土田義郎さんの年収が気になる! ページ1

3、風鈴のおすすめスポットは? ページ2

4、かなざわ風鈴って何? ページ2

5、まとめ ページ2

スポンサードリンク

土田義郎さんのプロフィールと経歴

JCAAJ

出典:http://kitnet.jp/laboratories/labo0132/index.html

  • 本名 土田義郎(つちだ よしお)
  • 生まれ 1961年
  • 出身 神奈川県
  • 学歴 早稲田大学理工学部建築学科 卒業

1985年に24歳で早稲田大学を卒業し、1990年、29歳で

東京大学大学院の研究科博士課程を修了し、2004年、43歳で

金澤工業大学の教授になり、現在も現役で活躍されています。

 

風鈴コレクターのほかに、作家としての才能も発揮しており

今までにご自身の本を10冊程度出されていますね。

 

本の内容は、もちろん音や建築関係に携わるもので

土田さん自身も、読書が好きと言うこともありミステリーや

ファンタジーものの分野も今後検討しているものと思われます。

 

さらにギターや街歩き、カホンやスケッチといった趣味をもって

いてその多彩な才能に今後の情報発信が期待されます!

 

現在は石川県の金沢に活動の拠点を置き、金澤工業大学教授を

行いながら、日々音の研究に邁進していますね。

土田義郎さんの年収が気になる!

助教授や教授によって大きく異なるそうですが、基本的には

大学教授の年収は学校によって大きく変動することは

あまりないようです。

 

助教授の場合、だいたいの初任給が月20万前後だと言われており

そこから年数によって経験を積み博士号を取得するには

大学卒業後最低5年は必要とされています。

 

つまり5年間の修行期間があるわけで、5年後には大体27歳になっている

わけですから、27歳で20万前後の給料と考えるとかなり安い

年収だといえます。

 

しかしながら博士号を取り、経験を積んでいくと号俸と言うものが

ありそこから少しずつ年収がアップしていく仕組みと言う事

です。^^

 

教授に関して言えば、例えば京都大学教授の年収が1000万を超える

とも言われており、基本的なデータから言うと1000万以上の年収を

超えるのは50歳以上の教授だそうですね!

 

現在50~59歳の大学教授の平均年収が700~800万

ぐらいと言われており、このうち国立の大学教授の年収が

1000万以上と言われています!(^_^;)

 

金澤工業大学は国立ではなく私立なので土田さんの大学だけの

年収は800~900万といったとこでしょうか?

(あくまでも推測ですがっ!)

 

ただ土田さんはその他にも本の収入やメディア出演。

さらに、イベント活動も多彩にこなしておりますので

大学の給料などを合わせると軽く1000~2000万

はありそうですね!

同じような年収のプロフェッショナルな方はこちら!↓↓

浅野貴浩(カツオ漁師)の経歴や年収(収入)と会社をwiki風に!一本釣りや漁場が凄すぎてワロタ!クロスロード

風鈴がきれいなおすすめスポットは?次のページへ