元俳優の高知東生(大崎丈二)容疑者が薬物使用の疑いで

逮捕された事件で、初公判が8月31日に行われる予定です。

 

その中でも注目しているのが、愛人である五十川敦子容疑者

との同時出廷されることがわかり法廷で2人の顔が合わさることに

なります。

 

初公判ですから、検察側の求刑や情状証人が元妻の高島礼子

になる可能性も全くゼロではなく、その動向が

注目されています。

今回は、この事件の初公判や今後の行方について検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

f1b2c8e8

出典http://okutta.blog.jp

目次(コンテンツ)↓↓

1、五十川敦子容疑者と同時出廷か!? ページ1

2、執行猶予付きの有罪判決が有力か!? ページ1

3、情状証人は高島礼子なのか? ページ2

4、最後に ページ2

スポンサードリンク

五十川敦子容疑者と同時出廷か!?

当初、逮捕された時は2人とも同じ現場にいたことや

物的証拠や本人たちも容疑を認めていることから、初公判は

高知東生と五十川敦子が同時に出廷して裁判を行うと言う

形式になります。

従って、法廷には2人が並んで被告人席に着き当時の状況や

薬物使用の経緯や2人の関係などについて、厳しく

検察側から追求を受けることになるでしょう。

ちなみに今回の初公判は、高知東生より五十川敦子に

注目が集まっているようで、ネット上でも過去の関係や

普段からどれだけ密会を繰り返していたのか?と言うことに

世間の興味は向いているようですね。

執行猶予付きの有罪判決が有力か!?

過去に逮捕された前例をみても初犯と言うことで、

おそらく執行猶予が付くのは間違いないでしょう。

 

そもそも、執行猶予とはなにかと言うと、

執行猶予(しっこうゆうよ)とは、罪を犯して判決で刑を言い渡された者が、定められた一定の期間(執行猶予期間)中に刑事事件を起こさずに済めば、その刑の言い渡しが将来にわたり効力を失うという制度。

 

いきなり初犯で実刑を課すのはあまり聞いた事が

ありませんし、唯一その可能性があるのは

現場に所持していた薬物の量ではないでしょうか?

 

なんせ清原容疑者が所持していた時の量とは比べ物に

ならない程のレベルで、通所は0.2グラム位の量で所持すると

言われていますが、高知容疑者が所持していた量は

4グラムと言われており、清原容疑者の40倍とされもはや売人

レベルです。

 

従って、これが検察側にしてみれば好都合な材料になるわけで

今後の裁判の展開次第では「実刑」になる可能性も

無きにしも非ずですね。

ちなみに過去芸能人が薬物を所持していた量は?↓↓

  • 清原和博 0,1グラム
  • 酒井法子 0.008グラム
  • 加勢大周 0,3グラム
  • ASKA 0.4グラム

とされています。これと比較したら

いかに高知容疑者が所持していた量がハンパなかった

事が一目瞭然で分かりますね。

情状証人は高島礼子なのか?次のページへ