急増するドローン学校とは!?

現在、ドローンをビジネスの世界に活用できるようにするため

基本的な専門知識や、高度なテクニックなどを教える

専門の学校が急増しています。

 

その中には救出のレスキューの場で活用できると言うスクールも

あり、実際に命の危険な場面に遭遇したときに現在地を発信できる

「ビーコン」を携帯し、ドローンに現在地を高い確率で特定させる

ことができ、今かなり注目されています。

実際のレスキューの映像↓↓

小型のドローンが避難者に向けて救命具をロープで渡している。

出典https://www.facebook.com

さらに、日本では初となるドローンだけに特化した

専門の学校が2017年春に開校する予定です。

バンタン高等学校「ドローン&ロボティクス専攻」

at_01

出典http://game.watch.impress.co.jp

2017年の4月から開校する予定の社会人や学生向けの

ドローン専門学校ですね。

ドローン業界の現役プロたちが直接指導してくれて、専門のスキルや

技術を効率よく学べる体制を取りスタンバイしています。

費用は、

 学費は全日制のドローン&ロボティクス専攻」が年額約100万円+N高等学校約8~9万円。社会人などに向けて週一で開講される「ドローンパイロット&空撮コース」は半年で40万円となっている。

日本ドローンアカデミー

b95cdfb24c334a275394bcec7d61e631

出典https://www.imd-net.com

ドローンの普及によってさらに高度な技術や知識が求められる

現在は安全にドローンを飛ばすことはもちろんであり

最新のノウハウや空撮などにおけるテクニックが必要と

されています。

 

「日本ドローンアカデミー」では基本的なスキルはもちろんのこと

「空撮合宿」を実施しており、実際に生徒が生で体感できると言う

画期的なロケーションを用意していますね。

費用は、

全講習を終了後、一泊二日の空撮合宿を行います。

受講料 295,000円(税別)

※受講料に含まれるもの
教科書、筆記・実技試験料、空撮合宿宿泊費
(空撮合宿場所への交通費は含みません)

となっています。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、急増しているドローン学校や慶応大の

サークルについて紹介させていただきました。

 

ドローンの普及はこれから爆発的に拡大すると予想されており

すでに、10年後には2兆円規模の市場になると言われています。

 

なので、これからビジネスとして参入する人たちには

大いにチャンスがあり成功する可能性も大と言うわけですね。

管理人も非常に興味が沸いてきたので、早速ネットでおススメ

ドローンを調べたいと思います。(^_^;)

 

慶応大学の皆さんには今後も期待したいですね。

それでは今回も最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

こちらの関連記事も読まれています!↓↓

マツコ会議で歌舞伎町の社員食堂があるホストクラブを紹介!場所や料金と味は?イケメン双子ホストにマツコもうっとり?

[マツコ会議]銀座コリドー街はナンパ男女の聖地!土曜日(週末)や逆ナンもあり得る!?おススメのお店は?

渋谷肉横丁がマツコ会議に!おススメの店やイケメン定員は?出会いの場として肉食女子に大人気?