土曜日放送の「有吉反省会」に元ムーン

チャイルドやSCRIPTで活躍した

ササキオサムさんが登場しますね。

 

普段から、眠たそうな顔や独自の

雰囲気をかもし出している事を

どうやら反省するようですが、

ササキさんと言えば、何と言っても

ムーンチャイルド時代の活躍が

目覚ましいですよね。

 

今回は、そんなササキさんの過去や

今現在の状況などをピックアップして

いきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、ササキオサムさんの簡単なプロフィールと経歴ページ1

2、ササキオサムさんの今現在は?ページ1

3、気になる年収は?ページ1

4、2次使用税もハンパない!ページ1

5、解散理由は金絡みなのか!?ページ2

6、嫁や結婚はどうなの!?ページ2

7、ソロライブはどんな感じ?ページ2

8、最後にページ2

スポンサードリンク

ササキオサムさんの簡単なプロフィールと経歴

os

出典http://www.geocities.jp

  • 本名 佐々木収(ささき おさむ)
  • 生まれ 1971年10月26日(45歳)
  • 出身 岩手県
  • 学歴 二松學舍大学 卒業

ササキさんが、ほぼ作詞作曲を手掛けた

バンド、ムーンチャイルドは1996年に

結成され、僅か3年と言う短い期間で

解散になりました。

 

1996年と言えば、小室ファミリーが

台頭してきたり、ミスチルの大ヒットや

SPEEDのデビュー、さらに米米CLUB

やプリンセスプリンセスの解散などが

重なり音楽業界では激動の年

だったのかもしれません。

 

そんな中、ササキさんはムーン

チャイルドのボーカル&ギターを

担当し、5枚目のシングル

「エスケープ」でオリコンチャート1位を

獲得します。

その一部始終がこちら↓↓

これがきっかけで一気にトップバンドの

仲間入りをはたすのかなと誰もが予想

したが、その後の曲が低空飛行を辿り

僅か3年と言う短い期間での解散と

言う事になる。

 

中学時代には、イベントで「ソニー・ディスク&

テープ大賞と言う賞を取り、自らの作詞作曲

が認められ、高校に進学すると同級生らと共に

バンドを組み「三宅裕司のいかすバンド天国」

に出演した。

img_0

出典http://blogs.yahoo.co.jp

ササキオサムさんの今現在は?

ムーンチャイルド解散後は、SCRIPT

と言うユニットを元メンバーだったベース

の渡邉さんと共に結成する。

 

2000年にメジャーデビューを果たすが、

こちらも3年後に、メジャーから

インディーズになってしまいました(^_^;)

 

その後は、佐々木収名義から「ササキオサム」

に改め、ソロとしての活動を始め今では全国各地

を巡るツアーやイベント、ラジオ出演などを

積極的に行っていますな。

気になる年収は?

ムーンチャイルド時代には、エスケープが

オリコンチャート1位と言う快挙を成し遂げた

ササキさん。

 

しかも、自身の作詞作曲ですから相当な

お金が動いたのは間違いありませんな(^_^;)

 

一発屋とよく言われたムーンチャイルドですが、

そうは言ってもエスケープは、約60万枚と言う

ビッグセールスを記録したわけですから、

輝かしい実績と言えます。

 

基本的に、ミュージシャンの年収は

所属事務所とレコード会社の2社間での

契約が多いため、本人たちはそこから

かなり色んなもので差し引かれるのだ

と言う。

 

単純計算しても、印税は売れたレコードの

1%が最大で得れる収益ですから、60万枚

売れていると言うことは6000万はバンドに

はいる収益と言う事になりますな。

 

そこから、バンドのメンバー間で分ける

と言う事が一般的だが、エスケープの場合は

ササキさんが作詞作曲をしていますから、

最低でも半分はササキさんの取り分に

なってもおかしくないと言うのが管理人

の見方であるな。

2次使用税もハンパない!

2次使用税とは、レコードの印税のほかに

カラオケ使用権やグッズの収益、さらには

コンサートツアーやライブの収益など

CD以外での収益のことで、エスケープ

が売れてからの2次使用税もハンパなかった

みたいです。

 

このことから、当時のササキさんの年収

ベースは少なくとも3000~4000万以上

はあったと見られ、今もなおソロとしてライブ

活動を中心に展開しており、当時の年収

よりは落ちているものの、アルバムなども

ファンの間では根強く人気がありますから、

最低ベースでも1000万以上はあると思いますな。

解散理由は金絡みなのか!?次のページへ