「笑っていいとも」の出演と「5時に夢中」のレポーター役で突如として

メディアから現れたアフロヘアーがトレードマークの副島 淳

(そえじま じゅん)さんが毎週土曜日放送の有吉反省会に出演です。

 

自分のアフロヘアーがデカ過ぎて写真を撮るときに後ろの人が隠れて写らない

ことや、ハーフなのにまったく英語がしゃべれないことなどを

反省するみたいですね~。

 

また、タレントのボビーやミュージシャンの久保田利伸にそっくり

なのも、気になります。(笑)

ではさっそく行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

副島 淳ってどんな人?

父親がアメリカ人で、母親が日本人のハーフとして東京都に生まれました。

同じ番組に出演していた春香クリスティーンやウエンツ瑛士

 

ダレノガレ明美や藤田二コルなど、今の芸能界ではたくさんのハーフタレント

がいます。

 

そんな中で副島 淳という名前はカタカナ名が入っていないので

普通に日本人の人なのかなと思ってしまいますよね。

 

かなり、名前だけを見るとそのギャップに驚かされます。・・・(笑)

しかも、ハーフでありながら英語がまったく喋れないみたいですね。

 

パッと見は長身で顔はイケメンですから、デキる感じに見えるんですが

ハーフで英語が喋れなかったら、ちょっとウケる要素があるのかもしれませんね。

なんともお茶目な方です^^

アフロがスゴイ!

身長は195cmでアフロを入れると215cmにもなるといいます!

自宅や楽屋で髪の毛をセットすると、髪が床にかなり落ちてしまい

床が真っ黒になってしまうほどだといいます。

 

まあ~~見るからに量が多そうですからね~。

友人たちと、写真を撮っても隣の人や後ろの人がアフロが邪魔をしてまったく

写らないんだとか(笑)

 

(おそらく、大きさからして2人分は場所を取っていますね)

そんな、副島さんですが学生のころは髪型を短くカットしていて

メディアに出だしてから、アフロにしたみたいですね。

〇〇に似ている?次のページへ