毎週水曜日の「THE世界仰天ニュース」に南米のペルー鉱山にある

セロデパスコの街が特集されます。

 

何でもこの街は、東京タワーがすっぽりと入ってしまうほどの

巨大な穴が住民や住宅の脅威になっているらしく、

その深刻度は年々増すばかりだと言います。

 

さらに、その巨大穴からくる鉛で幼い子供たちが

次々と中毒症状を起こしていることが判明しています。

今回はそんな、ペルーのセロデパスコの街について

徹底検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、セロデパスコの街とは? ページ1

2、何で巨大穴が!?原因は? ページ1

3、鉛中毒で子供たちがヤバイ!環境汚染は? ページ2

4、最後に ページ2

スポンサードリンク

セロデパスコの街とは?

Cerro%20de%20Pasco1

出典http://find-travel.jp

世界で最も標高が高い国として有名なペルーですが、

その中でもアンデス山脈の奥深くに位置しており、首都リマから

東に300キロ標高4380メートルの所にあるこの街は

人口が約7万人である。

 

元々、この地域と言うのはペルーと言う国に関わらず

世界的にも有数の銀の生産地としても知られ、

今現在でも鉱業の盛んな地域として生産を続けています。

 

その生産量は、銀だけだも年間850万オンスにも達し

国の資源として重宝されているほどだと言われ

人々の主な収入源として雇用を生み出しています。

 

この辺の地域は、標高が4300メートル以上にも達し

一番高い月の気温でも10度以下を下回り年間の平均

気温も5~6度と住む環境にしてはかなり寒い状態が

一年中続くと言われており、湿度も比較的高いため

冬には雪もチラホラふるそうですね。

何で巨大穴が!?原因は?

元々、ペルーは高地な地形なためアンデス山脈やほかの山々を

通る高速鉄道の建設が1903年ごろから加速しだし

それに従い、多くのアメリカ人らがこの地で銀や銅の発掘で

大金を稼いだと言われています。

 

そして1950年代には鉛と亜鉛がメインに発掘されるようになり

高速鉄道のトンネルや線路などが次々と建設され、

作業を進めていったとされています。

img_cc2cd62936e8862ca4580b78682fa332407578

出典http://www.afpbb.com

しかし、亜鉛と鉛の鉱脈がセロデパスコの街の中心部に眠っている

事が判明しより良い効率化を目指し、露天掘りに変わったそうです。

露天掘りとは↓↓

露天掘り(ろてんぼり)とは、鉱石を採掘する手法の一つ。坑道を掘らずに地表から渦を巻くように地下めがけて掘っていく手法。極めて原始的な採掘手法で、地元民がダイヤモンドやエメラルドなど宝石類の採掘に用いる程度であったが、第二次世界大戦後、大型機械(重機)の出現でオーストラリアの鉄鉱石など大規模な開発が可能

となった。

と言う手法であり、このせいで街の半分以上の住民が

住まいを失ったと言われておりある住民の一人は、

町の中心部には、かつては外国領事館や歴史的建物がありました。長い間、ペルー第二の都市だったのです

 

でも、露天の穴がすべてをのみ込みました。最近、1960年代に建てられた地区まで穴の中に消えてしまいました

と語り、巨大穴が住民のすべてを奪ったと言っても

過言ではないでしょうね。

しかし、セロデパスコの問題はこれだけではなく

最も深刻な問題が明るみにされました。

鉛中毒で子供たちがヤバイ!環境汚染は?次のページへ