毎週金曜日放送の「沸騰ワード10」にガイドブックに載ってない

ミステリアスな長崎県小値賀島(おじかじま)と言う小さな小島が登場します。

 

何でも日本一美しい、おもてなしの島として日本だけではなくて

海外からも観光客が殺到するほど今人気が集まり話題になっています。

 

なぜこの島にいったいどんな魅力があり、そこまで観光客を

惹きつけるのか?

さらに、驚くほど物価が安いことや数々の観光名所などにも

スポットを当てて迫ってみたいと思います。

 

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、小値賀島ってどんな島なの? ページ1

2、観光客が殺到する理由は? ページ1

3、観光客は? ページ2

4、最後に ページ2

スポンサードリンク

小値賀島ってどんな島なの?

長崎県に位置する小値賀島は、九州本土から西へ50キロ離れた

小さな小島です。

2228513_x

出典:http://area.walkerplus.com/walker47

/article/detail/ar1042383/le0000/20140731/2_201407311809121421/

人口は約2500人で、五島列島の北部にあることから海中火山の噴火に

よってできた島らしく、火山島では最大級の面積を誇る

みたいですね。

 

きれいな自然があふれていて、日本の田舎を象徴するような風景と

海のコラボレーションがマッチし、いつの日か

「日本一美しい島」「おもてなしの島」と呼ばれるようになり

日本国内だけではなく、海外からの観光客にも話題になりました。

 

また、宿泊施設も個性的でホームステイや古民家ステイと呼ばれる

ものが基本ベースとなっており、一般人のお宅にお邪魔して

食事を楽しみながら宿泊できるプランもあれば、古びた

民家をアレンジしそのままイノベーションして、まさに

自分の我が家のように楽しめる古民家ステイと言うスタイル

もあります。

 

なので、一般の観光島とはひと味違う日本の古き良き

伝統を感じながら宿泊できると思いますね。

観光客が殺到する理由はなに?

上記でもありましたが、小値賀島に来たら

古民家ステイや民泊(ホームステイ)は欠かせないと言われ

るほど、人気があるシステムです。

 

観光客のほとんどがこのシステムで宿泊するため

明るい島人たちと交流することができ、人生に

おいての最高の思い出になり、いつしか「日本一のおもてなしの島」

と呼ばれるようになったみたいですね!^^

 

観光客に心温まるおもてなしをしてくれる島人たちは

民泊(ホームステイ)を実施しています。

これは一般人の家にお邪魔して、一緒に食事を楽しんだり

会話を楽しむことによってよりコミュニケーションが

深まり、人脈も増やせると言います。

minpakuao-w

出典:http://ojikajima.jp/stay

最初はまったく知らない人なので気を使ったり緊張

したりしますが、徐々に慣れていき段々と楽しくなってくる

みたいです。

料金プランも一泊6000~7000円とかなりの

リーズナブルな料金で宿泊できますから観光客にも

大人気だそうですね!

 

古民家ステイと呼ばれるシステムは100年以上も守って来た

古民家を日本の美や古き自然の形はそのままに残して

観光客に快適に過ごせるように、リノベーションした空間です。

hoshu01-820x545

出典:http://ojikajima.jp/category/kominkastay/kominka

宿自体は、島に計6棟あり貸し切りや上品なところに

泊まり時間を忘れたいという方には、ぜひこの古民家ステイを

おススメしますね!^^
料金プランも1~~4名、19000~48000円でこちらも

リーズナブルな料金設定ですから安心ですね。

アクセスは↓


島の南部の笛吹港(小値賀港ターミナル)まで、佐世保港(佐世保市)から高速船とフェリーが、博多港(福岡市)からフェリーがそれぞれ運航されている。
九州商船(高速船・フェリー) 佐世保 – 宇久平(宇久島) 小値賀島 – 佐世保

航空

島の東部に小値賀空港があり、長崎空港・福岡空港からの路線があったが2006年3月31日限りで定期航空路が全廃され、現在休止中である。

バス

小値賀交通が島内および斑島への路線バスを

運行している。

島の観光名所は?次のページへ