ミスタードーナツがドーナツ食べ放題の「ドーナツビュッフェ」

開催するようです。

 

このことから街の若者やドーナツ好きの人にはたまらない

企画で、全国の店舗から順番に開催されるみたいですね。

食べ放題と聞くだけで、元以上が食べれるとか、お得感と

言ったことが思い浮かびますが、一概にはそう言え

ないようです。

 

今回は本当に元は取れるのか?や、

元は取ったとしてもカロリーは?

厳しいルールって何?と言った事を徹底検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、本当に元は取れるのか? ページ1

2、カロリーもハンパない! ページ2

3、厳しいルールとは? ページ2

4、開催店舗は? ページ3

5、期間は? ページ3

6、予約制なの? ページ3

7、最後に ページ3

スポンサードリンク

本当に元は取れるのか?

管理人は学生時代によくミスドにお世話になった記憶が

一番残っており、その当時は定番の「エンゼルクリーム」や

「アップルパイ」、「フレンチクルーラー」と言ったものしか

なく現在の「ポンデ・リング」や「塩ドーナツ」と言った

コじゃれたドーナツなんてありませんでした(笑)

 

もちろんその当時は、「食べ放題」などなく今回開催される

企画なんて当時の人たちからすると夢のようなイベントなのかも

しれませんね。

donutbuffet

しかし、食べ放題と聞くとかなり話題性になったり注目される

傾向にありますが、冷静に考えてもらいたいのが食べ放題だからと

言って必ずしもユーザーが得するとは限らないことです。

 

食べ放題=元は取れるのか?と言うことが方程式みたいになって

いますが、そもそもの問題で言えば店舗に利益が出ない企画を

わざわざやることなんてありえないことで、単純に考えれば

元は取れないと言うことになるのでは?

と、個人的には思います。

 

確かに全員が全員元が取れないわけではなくて、中にはドーナツが

3度の飯より好きな人や、制限なく食べ続けられる巨漢なひ人なら

元は取れるでしょう。

しかし、そんな人はごく少数派でありほとんどの人は4~5個食べ終えた

時点でお腹いっぱいになり、飽きてしまうもの。

店舗側もこんなこと位十分なデータを取り分析しているのは

当たり前の話で、ドリンクが250円だと仮定してみて

今回の食べ放題は1200円で制限時間が1時間と言うことで、

食べれる物は194~302円(税込み)となり

一番高価なドーナツを最低でも4つは食べないと元が取れない

計算になります。

 

しかし、同じものを4つも食べる好き者もそういないので

結果として安い「ポンデ・リング」や「オールドファッション」

のような定番商品に行ってしまいがちです。

 

こうなると、ドーナツは最低でも6個以上は食べないと元は

取れないでしょう。

普通の女子がドリンクとドーナツ6個以上なんてそう簡単に

たいらげることなんてできるでしょうか?

かなり謎が残ります。

ちなみに冷静に分析している人は↓↓

とかなり多くのひとが冷静に分析しているようです。

カロリーもハンパない!次のページへ