毎週日曜日放送の「世界の果てまでイッテQ!」に目玉焼きクラゲが登場します。

チャンカワイさんの「水族館プロジェクト」と題して、何とも言えないまか

不思議な生き物ですが、見た目はどう見ても目玉焼きに

しか見えないですよね。

 

そこで今回は、この目玉焼きクラゲの全容解明に向け徹底検証

してみたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

201301241730418dcs

目次(コンテンツ)↓↓

1、そもそも目玉焼きクラゲってなに? ページ1

2、味は?食べれるの? ページ1

3、人への害(影響)は? ページ2

4、正式名称は何て言うの? ページ2

5、口コミは? ページ2

6、最後に ページ2

スポンサードリンク

そもそも目玉焼きクラゲってなに?

通称「フライド・エッグ・ジェリーフィッシュ」と言われており

略すと「目玉焼きクラゲ」になります。

B7Y9u0OCAAI810Q

出典https://twitter.com

エーゲ海や地中海、アドリア海などに生息しているらしく

実は2種類の目玉焼きクラゲがあるそうですね。

二つとも同じ呼び方で呼ばれているのにも関わらず、全然違う

生息方をしているんですね!

 

地中海やエーゲ海では当たり前のように、ごく普通に見られるようで

地元の人たちからしてみればそんなに珍しいものではないのかも

しれません。

 

最大で約35センチぐらいに成長するそうで、普通のクラゲと比べると

同じぐらいの部類に入りますね。

ごく小さなクラゲやプランクトンを主な食糧としており、

触手に引っかかった餌をほかのエビや魚が横取りしてしまう

こともあるそうですね(^_^;)

なんだか悲しい・・・(笑)

味は?食べれるの?

これだけ目玉焼きそっくりのクラゲだと、「食べてください!」

と言っているようなもので、やはり食べれるのか?味はどうなんだ?

と言う事に興味心身になりますよね。

 

実はスペインのシェフである「カルメ・ルスカレーダ」さんと言う方が

一足早くこの目玉焼きクラゲを試食し、自分のお店のメニュー化に

しようとしていたそうです。

 

実際に食べた本人は

「海のような味と、新鮮なイカのような食感」

とコメントしており、海水温が上がり天敵となる魚が乱獲されることに

よって増殖傾向にあり資源の有効活用化を進めるため、現在の

ところ食用としては認められていないそうですね。

 

ちなみに「海の味」ってどんな味なんでしょうね(笑)

人への害(影響)は?次のページへ