毎週日曜日放送の「情熱大陸」に霊長類学者で

テングザルの研究をされている松田一希

さんが特集されます。

 

「悪魔の果物」と称され匂いがハンパない

果物ドリアンが大好きと言うかなり

ヘンテコな研究者らしく、

大学時代にたまたま動物の生体に

関する調査に同行した際、テングザルの

存在に影響を受け、それ以来かなり

ハマってしまったんだとか(^_^;)

 

今回は、そんなヘンテコ研究者の松田

一希さんについて検証していきたいと思います。

それでは早速ピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、松田一希さんのWIKIプロフィールと経歴ページ1

2、テング猿とは?ページ1

3、松田一希さんの年収がハンパない!ページ2

4、松田一希さんの嫁や子供はいかに!ページ2

5、霊長類学者ってなんだ!?ページ2

6、最後にページ2

スポンサードリンク

松田一希さんのWIKIプロフィールと経歴

cy1svxgwiaaa7rb

出典https://twitter.com

  • 本名 松田一希(まつだ いっき)
  • 生まれ 1978年 (38歳)
  • 出身 静岡県
  • 学歴 同志社大学工学部 卒業

幼い頃から、虫や昆虫などに興味があり、

よく採集に出かけたりしていたと言う

松田さん。

 

大学時代は工学部に所属していた

ため、昆虫や生体とは全く無縁の

環境だったそうですが、ある日

クマザルの調査に同行した松田

さんは、その謎めいた動物たちの

生体に衝撃を受けた

らしいですね。

 

幼い頃の思い出から何かこみ上げて

来るものが本人の中であった

んでしょうかね?

その辺の真相は分かりませんが、とにかく

昔の血が騒いだのは間違いないでしょう(笑)

 

その後も、動物に関することの研究を

始めた松田さんは、

「あまり研究されていない!」

と言う理由で、「テング猿」と言う動物を

選び、本気で没頭するようになったん

ですね。

テング猿とは?

テング猿とは、「オナガ猿」とも呼ばれ体長は約

73~76センチ位あり、体重は平均で

約20キロ前後である。

とにかく、パッと見のインパクトが鼻の

デカさにあり、オスにもなると

その鼻は更にデカくなると言うから

驚きである。

 

基本的には、オスとメスからなる小さな群れを

起こして生活しており、河辺林やマングローブ林

などに生息するみたいですね。

植物性の物を好んで食べる性質があり、

若葉やその辺の果実も食性に入る。

松田一希さんの年収がハンパない!

松田さんは、北海道大学の大学院に

入られ京都大学霊長類研究所などを経て

現在の中部大学創発学術准教授と言う

ポストについてますね。

 

なので、中部大学の准教授レベルの

平均が700~900万位と言われています

ので、普通のサラリーマンよりかわ

遥かにいい年収を稼いでいることに

なりますな(^_^;)

 

ただ、研究費など国から補助金が

でない場合は自腹で出しているときも

あるらしく、その辺の経費はかなり

掛かっている可能性が大ですね(^_^;)

 

松田さんの推測的な年収の内訳を見てみると、

  • 平均労働時間 約160時間
  • 残業手当  月約2時間
  • 年間賞与 約200万
  • 月額賃金 約50万

で、計算してみると大体800万位の年収を

稼いでいるんだなと言うことが分かりますな。

ただ、今回のメディア出演により

給料が大幅にアップする可能性も

無きにしも非ずなので、トータル的に考え

たら1000万位の年収は軽く超える

と思いますな(^_^;)

松田一希さんの嫁や子供はいかに!次のページへ