ノーベル文学賞にカズオ・イシグロさ

んが選ばれましたね。

 

あまり聞き慣れない人だとは思います

が、妻(嫁)さんや子供と年収などは

いかがなもの何でしょうか?

 

家族や両親などにもピックアップして

行きたいと思います。

 

早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

カズオ・イシグロのWIKIや簡単な経歴

出典https://matome.naver.jp

  • 漢字表記 石黒一雄(いしぐろ かずお)
  • 生まれ 1954年11月8日(63歳)
  • 出身 長崎県

長崎県生まれで、5歳の時点で父の鎮

雄が油田を敢行することになり、家族

でギルドフォードに移住していますな。

 

その後は現地の学校に通いながら、イ

ースト・アングリア大学大学院創作学

科を卒業する。

 

元々は音楽に興味があり、ミュージシ

ャンやアーティスト志望だったんです

が、後に文学者へと移行しています。

 

2005年には、ブッカー賞の最終選考に

まで選ばれていました。

 

幼いころにイギリスに渡っていますか

ら、日本語は出来ないらしく本人の人

生の殆どをイギリスで過ごしています

ので日本での思い出は殆ど無いでしょ

う。

 

注目され始めたのは、1982年の「女た

ちの遠い夏」でデビューし、その後ブ

レイクを果しています。

 

主に、本人がイギリスでの生活が持っ

ぱらだったので、イギリスの貴族をス

トーリーにした物や、現地での体験談

などを盛り込んだ作品が多いですな(^^)

カズオ・イシグロの妻はいかに?

イシグロ氏の妻は「ローナ・マクドゥ

ーガル」と言うネーミングの方ですな。

出典https://www.thetimes.co.uk

かなりの美貌を持っているが、若かり

し頃はもっとおキレイだったのだろう。

 

1986年に結婚されたみたいですが、ロ

ーナ・マクドゥーガルさんはソーシャ

ルワーカーで福祉関係のお役回りをし

ていると言われています。

 

元々2人が出合った場所がチャリティー

施設だったと言う事もあり、嫁さんの仕

事場だった可能性もあります。

 

当時、イシグロ氏はホームレスの人がが

家を見つけ出すことができるのと同様に

バックアップをする業務をしていて その

ためたまたま出会ったのが嫁さんと言う

事でしょう。

 

イシグロさんがそれと同等の福祉の業務

をしていたというようなケースも全く未

知の状態で知りましたが過去の多彩な行

動が間違いなく今日この頃の賞に繋がっ

たのだろう。

スポンサードリンク

カズオ・イシグロの子供は?

イシグロさんのお子さんのデータなんで

すが 嫁さんとの内に 娘さんのナオミさん

が 存在するとのこと。

 

ナオミさんのデータに関しても 目下詳し

い内容は不明だったのですが イシグロさ

んとローナさんが 1986年に嫁入りされて

いるという理由で 予想すると ナオミさん

の年齢は 30歳くらいではないかと推測し

ます。

 

結婚されているのか、まだ独身なのかは謎

ですが仕事関係などもピックアップされて

いないので情報に信ぴょう性がないですね。

 

ただ、ネーミングだけは確かなので間違い

ないですね。

 

今現在はなにをされているのかは、全く不

明ですな。

スポンサードリンク

カズオ・イシグロの年収がヤバい?

カズオ・イシグロ氏の年収はいくらなのか

気になります。

 

カズオ・イシグロ氏が 今回ノーベル賞を受

賞したことでさらに年収などの金額はアッ

プする事は間違いないですし、今後の活動

などにも大きく影響するでしょう。

 

年収も1000万円あたりは余裕で

稼がれているのではと 予想していますが今

回の賞金でさらに約1億2400万円が贈

られる とのことなので相当ヤバいです(^_^;)

 

さらに、今回のノーベル賞で イシグロ氏の

作品の売り上げも とんでもなく高騰するだ

と断言しますから 報酬もアップし、自動化

でどんどんお金が入ってくる仕組みが構築

されるでしょう。

 

なので、今回の賞でのブレイクによって不

労所得などの構築は完了し、今後の作品が

売れ続けて行けば印税などの副収入なども

期待できますな。

スポンサードリンク

カズオ・イシグロの家族や両親は?

まず、イシグロさんのご両親は日本人です。

 

イシグロさんは幼いころに父の仕事の都合

でイギリスに移住していますが、 父も偉大

な人でイギリスの政府から抜擢されるほど

の学者だったんですな。

 

お国からお呼びがかかるとは、相当な人材

だったのは間違いないなくその後も政府の

お役に経つ業務を行い国から高い評価を得

ていたそうです。

 

こんな親父のDNAを受け継いでいますから、

そりゃ~ノーベル賞も取れるわなと個人的

な意見ですが、とにもともかくとんでも親

父だった事ですな(^_^;)

 

母も、そんな親父をサポートするしっかり

者だったようで、現地イギリスで慣れない

中、イシグロさんを懸命に育てていたんだ

と思います。

最後に

いかがでしたか?

今回はノーベル文学賞を受賞したカズオ・

イシグロさんにスポットをあててみました。

 

受賞選考には、

彼の小説は、偉大な感情の力をもって、我々の世界とのつながりの感覚が、不確かなものでしかないという、底知れない奈落を明らかにした

と審査員は語っており、その作品の質のク

オリティーがいかに高い物なのかが証明さ

れました。

 

イシグロさんは、常日頃から新しい事にど

んどんチャレンジする精神を持っており、

そのひたむき差には目を見張るものがあり

ます。

 

今回の作品での受賞も、この様な日々の努

力があったからこそだと思いますので、今

後の作品作りにも是非注目していきたいと

言いますな(^^)

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!