毎週水曜日放送の「世界仰天ニュース」に今から5年前に集団食中毒

事件を起こした「焼肉酒屋えびす」のユッケが特集されます。

 

事件当初、14歳になった息子の誕生日を祝おうと家族で

えびすを訪れたのは良かったが、楽しい外食となるはずの時間が

ユッケを食べた途端に体調を崩し、帰らぬ人となってしまう。

このとんでもない悲劇を巻き起こすことになろうとは誰も知る余地が

ありませんでした。

 

今回は、その焼肉酒屋えびすのユッケに何があったのか?

元社長である勘坂康弘とはどんな人物だったのか?

と言う所に焦点を当てて行こうと思います。

それでは早速ピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、焼肉酒屋えびすと 勘坂康弘元社長の経歴 ページ1

2、そして、食中毒事件が発覚! ページ1

3、逆ギレ会見がハンパない! ページ2

4、元社長、勘坂康弘の今現在は!? ページ2

5、最後に ページ2

スポンサードリンク

焼肉酒屋えびすと 勘坂康弘元社長の経歴

1d15b846f6c996b909233659ce9bd81c出典http://blog.goo.ne.jp

  • 本名 勘坂康弘(かんざか やすひろ)
  • 生まれ 1968年8月18日(48歳)
  • 出身 石川県 
  • 学歴 金沢星陵大学 卒業

大学卒業後に、薬品会社に就職するも約2年で退職し

上京する。

その後は自分で起業することを決意し、自己資金を貯める

ために派遣社員として2年半勤めあげ、約1000万の資金を

稼ぎます。

 

1997年に第一号店となる「焼肉酒屋えびす」を富山県高岡市に

オープンさせ翌年の1998年には

有限会社フーズフォーラスを立ち上げ、一気にチェーン展開を

試み北陸地方を中心に神奈川県まで視野を広めていました。

 

事業は瞬く間に軌道にのり、2000年には資本金1000万をプラス

して株式会社に社名と組織変更を行い、一皿100円の豚バラや

280円のユッケと言う低料金システムを構築し人気番組の

「深イイ話」にも紹介されていた過去がありますね。

f9855508

出典http://livedoor.blogimg.jp

そんな事もあり、店舗は石川県、富山県、福井県の3県で10店舗

その後、関東圏にも進出し神奈川県を中心に4県で10店舗

合計20店舗まで拡大し、順調に業績を上げていたとされ

事件発覚前の会社の売上高は少なくとも18億円まで上って

いたと言います。

そして、食中毒事件が発覚!

順調に売上を伸ばしていたとされる「えびす」ですが、2011年に

突然集団食中毒による死亡事故が発覚し、5名の死亡者と

90名にも上る重軽症者を出す大惨事を巻き起こしてしまいます。

o0500035211209338809出典http://ameblo.jp

原因はユッケをたべた事による腸管出血性大腸菌O‐111に感染し

引き起こした食中毒であり、当初食中毒のリスクを減らす肉の

表面を削り落すトリミングと呼ばれる衛生管理を行っていなかったことが

最大のミスだと指摘されました。

 

これに対し、元社長の勘坂氏は

「生食用の肉というのは日本に流通しておらず、加熱用の肉を殺菌のうえ、店の責任で調理するのが慣例」

とコメントし、

「それを踏まえ、法律で禁止すればいい。すべきです。禁止していただきたい!」

と完全に開き直りともとれる発言を繰り返し消費者やマスコミから

大バッシングを受け、記者会見では最初は強気な発言を繰り返して

いたが、最後には追い込まれたのか土下座までする始末となっています。

逆ギレ会見がハンパない!次のページへ