木曜日放送の「アウトデラックス」に日本人エメラルド王として

活躍した早田英志さんが登場します。

 

20代後半に南米コロンビアへと渡り、宝石の原石となる

エメラルド業に身を通し30年近く業界人としての地位を

築いてきたんだとか。

 

その結果、年収50億もの資産を築き地元コロンビアでは

一目置かれる存在にまで成り上がり、自身のオフィスや問屋まで

事業を拡大し業界でもかなり有名になったそうですね。

 

そんな早田英志さんは尋中満帆の人生を歩んで来たかに見えましたが

あることを境に年収50億もの稼ぎが一変し、今現在は一文無し

なんだとか(笑)

 

そんな早田さんに一体何があったんでしょうか?

そして、一文無しになった壮絶人生とはどんなものなのか?

を徹底検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、早田英志さんのWIKIプロフィールと経歴 ページ1

2、年収50億と倒産がヤバすぎ! ページ1

3、早田英志さんの今現在は? ページ2

4、映画とは? ページ2

5、最後に ページ2

スポンサードリンク

早田英志さんのWIKIプロフィールと経歴

06-thumb

出典http://www.bs-sptv.com

  • 本名 早田英志(はやた えいし)
  • 生まれ 1940年10月(76歳)
  • 出身 埼玉県
  • 学歴 東京教育大学農村経済学部 卒業

大学卒業後は、ノースウエスト航空とパンアメリカン航空の

メカニックとして就職し数年間勤務後会社の組織的な方針に

嫌気がさしのちに退社します。

 

その後、30歳を目前に控えた早田さんはコスタリカの

国立大学医学部に留学し、ラテンという物に興味を持ち始め

地元のレストランや、不動産、コーヒーなどの事業を始め

経営に携わるようになりそこで初めてエメラルドの存在を

知るようになります。

 

そんな中早田さんは、いち早くエメラルドが商売になる

と言う事を確信しその可能性にかけ、1974年の30歳を

過ぎたあたりから本格的にエメラルド業にのめり混んでいきます。

 

エメラルドを売買する人の事を、

「エスメラルデーロ」

と呼ばれ当時のコロンビアは、「緑の戦争」と呼ばれる

エメラルドをめぐる抗争が盛んな時代でもあり

腰には銃を忍ばせテンガロンハットを被ったマフィアみたいな

奴らがゴロゴロしていたと早田さんは語っています。

 

この抗争で少なくとも5000人もの尊い命が犠牲に

なり、ゲリラや麻薬組織などが絡みコロンビア自体が危険地帯

だったそうですね。

これについて早田さんは↓↓

「まるでアメリカ開拓時代の西部劇みたいだと思った。スリル満点の世界。そこに自己とビジネス、両面の可能性を見たわけです。僕には先進国の複雑に組織化された社会はつまらなかった。オリジナルな世界で自然な生き方をするのが性にあっていると思ったんです」

とコメントしており、その生き方がハンパないことが

分かりますね(^_^;)

年収50億と倒産がヤバすぎ!

元々、早田さんは学生時代にかなりワルをやっていたらしく

停学処分を3回も食らうほど喧嘩に明け暮れた毎日を

送っていたんだそうですね(^_^;)

 

いわゆる「番長」だったらしく、昔からその持ち前の根性

と精神論でコロンビアでもやっていけたと当時の状況を

語ってくれています。

716_1218701731_l

出典http://www.webdice.jp

ただ、事業を初めて最初の頃は根性論や精神論だけでは通用

しなかったそうで現地のコロンビア人ともかなり喧嘩になり

命の危険すらあったと言います。

 

そんな中でも「番長」としての精神論だけは忘れなかった

そうでコロンビア人とも喧嘩はするが、ハートだけは

つながっていたそうで3人、5人と見る見るうちに人材が

集まって行きその後エメラルドの輸出や問屋をやろうと

決め、ほかの同業者につぶされないように基盤を作り

その地位を得るまでに30年と言う月日がかかったそうですね(^_^;)

 

そして、コロンビアのエメラルド鉱山の周辺に住居を

構えバイヤーとして事業拡大していき、業界のライバルたちにも

徹底して出し抜く姿勢を見せ、事業が圧倒的な利益を生み出し

年商50億のエメラルド王として完全なる地位を確立

したそうですね。

なぜ倒産!?

年商50億もの利益を叩きだした早田さんは、その後も

順調に事業のほうを展開していったかに思われましたが

時代の波に押しつぶされてしまう格好になり、

2008年のリーマン・ショックによる暴落が

大打撃を受けてしまい、日本へのエメラルド輸出が

大幅に減少し大赤字を計上してしまいます。

 

その後も、1000人以上もの警備会社の経営をしていた

早田さんは取引先や顧客からの支払いが待っても待っても

支払れないことから従業員に払う賃金がショートしてしまい

倒産してしまったと言うことですね。

(50億もの資産を持っている人でもあっけなく

潰れてしまうものなんですね。お金ってホント怖い

ですよね)(^_^;)

早田英志さんの今現在は?次のページへ