金曜日放送の「アナザースカイ」に左官

職人の挾土秀平さんが特集される。

 

「土のソムリエ」と称される挾土さんが

手掛ける作品は正に芸術の象徴とも称さ

れており、年収や名言もハンパないと度

々メディアでも有名である。

 

プライベートでは、かなり謎でミステリ

アスな部分があるが、嫁や息子の事など

が公にされていない分興味心身である。

 

今回は、その辺のところをピックアップ

していきたいと思う。

早速いってみよう。

目次(コンテンツ)↓↓

  1. 挾土秀平のWIKIや簡単な経歴
  2. 挾土秀平の作品は?
  3. 挾土秀平の自宅は?
  4. 挾土秀平の名言がヤバい!
  5. 挾土秀平の年収はヤバいのか!?
  6. 挾土秀平の嫁息子は?
  7. 最後に
スポンサードリンク

挾土秀平のWIKIや簡単な経歴

出典https://matome.naver.jp

  • 本名 挾土秀平(はさど しゅうへい)
  • 生まれ 1962年
  • 出身 岐阜県

岐阜県の高山市出身の挟土さんは、学生

の頃から既に左官職人になる事を決めて

いたそうで、1983年には左官職人の全国

大会に出場していきなり優勝と言う実力

を見せつける。

 

その後も、国際大会などに出場しては高

いテクニックとスキルを連発して、その

知名度を一気に業界に知らしめる。

 

そして、2001年には 「職人社 秀平組」

を立ち上げて独立し、今現在では10数

名の弟子を持ち親方として活動されてい

る。

挾土秀平の作品は?

これまで、数々の作品を世に送り出して

きた挟土さんですが、有名どころで言え

ばやはりNHK大河ドラマの「真田丸」

の題字作品ではないだろうか。

 

ネット上でも度々話題になっているが、そ

れよりも管理人がヤバいと思ったのが「下

駄」の作品である。

出典http://www.syuhei.jp/

左官技術を駆使して土で下駄を作ると言う

のは、全く斬新なアイデアでかつ繊細であ

りますな(^^)

 

これも、挾土さんならではの発想と長年の

技術があるからこそのチャレンジなのでし

ょうな。

挾土秀平の自宅は?

今現在も、岐阜県高山市の自分の工房で住

まれている模様ですな。

 

挾土さんがなぜ「土のソムリエ」と呼ばれ

ているのかは、地元での活動にこだわる部

分にあるかも知れない。

 

岐阜県と言う土地柄、天然の土や素材など

が数多く採れ、それを材料に左官技術を駆

使しているため挟土さんは、この天然の素

材に徹底してこだわっているのだ。

 

挾土さんが、この岐阜県を離れないのもお

そらくそのような要因もあるのかも知れな

いですな。

スポンサードリンク

挾土秀平の名言がヤバい!

これまで色んなメディア出演を果たしてい

る挾土さんですが、その中でも多くの名言

を残して来ています。

 

その名言には、かなり濃い意味が込められ

ているので解る人にしか解らない様な事も

あります(^^)

臆病であれ

挾土さんらしい名言ですな。

 

その他にも、

オリジナルとは、他者と比較する必要のない説明のいらないもの

 

オリジナルであることは、自分が自分であること

かなり深いですな。

挾土秀平の年収はヤバいのか!?次のページへ