出身校はどんなとこ?

福岡県の筑陽学園高校のデザイン科を卒業されていますね。

 

すでにこの頃から、デザインと言うものに興味があったようですが

藤田さんいわく会社に入った最初のころは、洋服のデザインにハマって

いたらしく、「ラルフローレン」が流行っていた時代だったので

その斬新なスタイルとデザインに魅了され、洋服ばっかり

買っていたそうですね!(^_^;)

 

この学校のモットーにもありますが

性を引き出し、感性を磨き、美術・デザイン系へ

の道を拓く。

と言うことを学んできたそうで、書体と言うものを眺めていると

ある日突然その凄さに心が奪われたと言い、それから書体デザイナーと

して本格的に活動したと言っていました。

スポンサードリンク

筑紫書体とは?

藤田さんが現在勤めている会社「フォントワークス」が初めて

フォントを世に出したのが、1990年で印刷や紙を使用することに

よりデザインの幅を広げていったようです。

 

時代と共に印刷の技術が成長したことにより、デジタル化の進化や

テクノロジーの成長を加速させ、アナログからデジタル化へと

進化していきました。

CLOQ7BXUcAAf91m

出典:https://twitter.com/tsukushi5

5/status/627004117790003204

これにより、フォントメーカーとしてユーザーのニーズやデザインの強化

を行い、フォントワークスから初の「筑紫明朝」が完成したようです。

 

そのデザインに費やした年数が5年と言う長い歳月をかけてようやく

完成させた藤田さんの結晶とも言うべき作品です。

(凄いですよね~。一つの物を作るのに5年もかけるんですからね~。

管理人であれば絶対に無理ですね!(笑))

 

その「筑紫明朝」は基本的に7つのカテゴリで構成されている

みたいで、そのどれを取っても表現を可能にする「メディア」だと

語っています。

 

今後はどこまでデザインの幅を広げるのか藤田さんのセンスに

注目していきたいですね!

まとめ

今回はプロフェッショナルに出演されると言うことで

日々の活動風景や、私生活についても詳しく見れるかも

しれませんね。

 

いずれにせよ、今注目されてるデザイナーの一人ですから

今後の活躍に期待したいですね。

また新しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

は最後までご覧いただきありがとうございました!

こちらの関連記事も人気ですっ!↓↓

⇒水戸岡鋭治(鉄道デザイナー)の作品や経歴がスゴい!年収や豪華列車とは?家族関係も気になる!探検バクモン

上原義史(美容デザイナー)の年収や彼女が気になる?有名モデル患者が多数!金曜日の聞きたい女たち