毎週月曜日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」に書体デザイナー

藤田重信さんが登場します。

 

インターネットが普及した現代、デジタルコンテンツやクラウドワークス

を駆使したデザイナーが普及する今この道30年のフォントデザイナー

して活躍しているのが、今回の藤田重信さんです。

 

去年の秋にパソコンメーカーがフォントを新たに追加し

グラフィック系のデザインに関わる人たちの間で大きく

話題になりました。

 

そのデザインの一つ、「カタカナ、ひらがな、漢字」などを組み合わせた

「筑紫書体」の生みの親で、その筑紫書体とはいったいなんなのか?

藤田重信さんの経歴から年収、プライベートまで気になる事を

ピックアップしていきたいと思います。

目次「コンテンツ」↓↓

1、藤田重信さんのプロフィールと経歴 ページ1

2、藤田重信さんの年収はどれくらい? ページ1

3、嫁や子供はいる? ページ1

4、出身校はどこ? ページ2

5、筑紫書体ってなに? ページ2

6、まとめ ページ2

スポンサードリンク

藤田重信さんのプロフィールと経歴

IMG_2681

出典:http://www.digitalstage.jp

/webfont/interview2/

  • 本名 藤田重信(ふじた しげのぶ)(59歳)
  • 生まれ 1957年
  • 出身 福岡県
  • 学歴 筑陽学園高校デザイン科 卒業

高校卒業後、1975年に写真メーカーの「株式会社写研」

に就職し、書体デザイナーとしてのキャリアをスタートさせます。

 

その後、「明朝体を作りたい」と言う意向から1998年に

現在の「フォントワークス株式会社」に移籍します。

 

移籍後、同社の書体開発部長としてその才能を開花させ2010年に

「筑紫明朝」と「筑紫丸ゴシック」で東京TDC賞を受賞しています。

 

時には「文字が暴れて読みずらい」「邪道」と言った意見も受ける

そうですが、藤田さんは必ず自分の考えかたのスタイルを

貫き 通すそうでこう言うことをおっしゃっています↓↓

「客が良い書体だ、と言ってくれればやり方は

問題じゃない」

創作をする上で一番大事なことは、まず自分本位の考え方では

なく必ずユーザーの目線に立って制作することだと語っていました!

藤田重信さんの年収ってどれくらいなの?

まず、一般デザイナーの平均月収が30~32万位だと

言われています。

 

年収にすると約400~450万位だそうです。

これにはボーナスも含まれると言う事ですので、イメージ的には

ごく一般のサラリーマン位ではないでしょうか?

 

ただ、藤田さんみたいに有名デザイナーとなれば年収も飛び上がる

そうで軽く数千万ぐらい稼いでいるデザイナーもざらにいてる

世界みたいですね!

 

デザイナーと言うのはセンスが収入に大きく響く職業

ですから、日々感性を磨く努力が必要で

藤田さんのようなメディアに取り上げられるぐらいの実力派であれば

軽く1000~3000万くらいはありそうですね!

嫁や子供はいてるの?

家族関係のことは、まったく情報がないので何とも言えない

のですが、ある取材で写研からクラウドワークスに移籍する際に

家族と共に福岡に帰ることも考えた

と言っており、間違いなく結婚されていてお子さんも

おられるとおもいます。

 

ただ一般の方なので、公開はしていませんね。(T_T)

藤田重信さんの出身校や筑紫書体とは?次のページへ