日曜日深夜放送の「パイセンTV」に秋田県

湯沢市のチャラい副市長こと藤井延之

(ふじい のぶゆき)さんが特集されます。

 

見た目はチャラいが、何でも東大卒で

元官僚と言う超エリート街道まっしぐら

だった経歴を持つラッパー副市長だと言う。

 

なんか、よくわからないがとにかく

ぶっ飛んだ発想で湯沢市内でも

人気者らしいので今回のピック

アップにしたいなと思いますな(^_^;)

それでは、早速行ってみましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

  1. 藤井延之のWIKIと凄過ぎる経歴!
  2. 藤井延之の年収もヤバイ!
  3. 藤井延之の彼女や結婚はいかに!
  4. 最後に
スポンサードリンク

藤井延之のWIKIと凄過ぎる経歴!

DSC_4916

出典https://pass-me.jp

  • 本名 藤井延之(ふじい のぶゆき)
  • 年齢 34歳
  • 学歴 東京大学法学部 卒業

藤井さんは、2015年から秋田県の

副市長に着任し、それまでは官僚

として総務省に勤めていました。

 

アメリカにも留学経験があり、

地方創生人材支援制度と言う制度

に従い湯沢市の副市長に就任

していますな。

 

そんなエリート街道を突き進んできた

藤井さんだが、一体どれだけ凄いのか?

と言う事をおさらいしておきたい。

平成16年4月:総務省自治財政局公営企業課

(大臣官房秘書課併任)

8月:徳島県県民環境部地域振興局市町村課
18年4月:総務省大臣官房総務課
19年4月:総務省自治行政局選挙部選挙課

20年7月:総務省自治行政局選挙部選挙課調査係長
21年7月:総務省大臣官房秘書課主査(アメリカ留学)
23年7月:登別市総務部参与
25年4月:内閣官房副長官補付

とま~見てもわかると思うが、我々一般

庶民では到底手に負えないような経歴

が並んでいるが、彼がいかに能力の

高い人材なのかと言う事が一目でわかるな(^_^;)

 

だが、ラッパーと言う違う一面もありその

ギャップに笑かされる(笑)

出典https://pass-me.jp

藤井延之の年収もヤバイ!

今の日本では、市長よりも副市長の

方が給料を貰っている街もあるみたいで、

名古屋や福島県などはその例らしい。

 

湯沢市の場合は例外かもしれないが

それでも藤井さんの給料は一般人

と比べたら、その差は歴然なのは

言うまでもないな(^_^;)

t02200293_0480064013428438449

出典http://ameblo.jp

湯沢市職員の平均年収が約550万

でこれは全国14位だそうだ。

 

市長村ランキングで見たら、1203位

だと言う。

内訳で見ると、月額の給料が約34万円

でボーナスが年約135万円、退職金が

約2300万円だと言う。

 

これが、果たして多いのか?少ないのか?

は個人の価値観によるが、湯沢市長の

年収になると格段に跳ね上がるんだな。

 

湯沢市長の平均月額給料が約80万

だと言うから、年収ベースにすると

およそ1000万近くはあることになる。

 

しかも、そこからボーナスやら退職金

などがプラスされるわけだから、

イメージしただけでも1000~1500万

は確実にあることになるな。

 

ちなみに、藤井さんは副市長と言う

役職なので、そのちょうど中間ぐらいの

年収ベースではなかろうか?と推測

する。

 

したがって、イメージだが800~1000万

位の年収は軽くあるとみて間違いないで

しょうな。

藤井延之の彼女や結婚はいかに!次のページへ