年収はどれくらい?

監督時代の年俸が推定で7000万

でしたから、確実に下がっているの

は間違いないのですが、居酒屋オー

ナーの平均年収が約550~650

と言われています。

 

ただ仕入れ原価や必要経費によって

利益が圧迫され年商が数千万以上あ

るのにも関わらず、まったく利益が

ないお店もあるそうで、一概には儲

かっているとは言えない業界みたい

ですね。

 

では、デーブさんのお店はどんな感じ

なんでしょうか?

 

客単価が5000~7000円で

席数が20~30席それを営業時

間から平均してみると、だいたい

2回転弱。

 

一日売り上げが平均20万だとして

月売り上げが、だいたい5百万だと

すると年商が6千万と言うことにな

りますな。

 

そこから、必要経費(材料費、人件費

、家賃、光熱費、通信費などなど)

引くとだいたいデーブさんの年収は

500~2000万ぐらいではないで

しょうか?

 

ま~~十分にやっていけるんではない

でしょうか?

 

ただ、この状態が続けばの話になりま

すが。(^_^;)

スポンサードリンク

閉店の可能性はいかに!?

これまでも色んな元プロ野球選手たち

が引退後の第二の人生として飲食店を

開業し、成功させた人もいれば失敗し

た人もいっぱいおられます。

 

果たしてデーブさんはこの先も安定し

て、経営を続けることができるんでし

ょうか?

 

ちょっと疑問に思いましたので、検

証してみたいと思います。

 

まず、今現在は順調に行っている元

プロ野球選手を見ていきましょう。

  • 郭源治・元中日
  • 現在は母国の台湾で、台湾料理店を経営
  • 條辺剛・元巨人
  • 現在は讃岐うどん店を経営
  • 高橋慶彦・元広島
  • 現在は広島でダイニングバーを経営
  • 葛城育郎・元阪神
  • 現在は地鶏屋を経営
  • 入来祐作・元巨人
  • 現在は大阪で焼き肉店を経営

こちらの人たちの共通点はしっかり

と一定期間勉強又は修行を行いそれ

なりの経営スキルを身につけた結果

現在も順調に業績を伸ばしていると

言うことですな。

 

したがって野球選手がいきなり経営

スキルや知識がない飲食業界に参入

したところで、成功できる確立は極

めて低い世界なのでそう甘くはあり

ません。

 

そのいい例が、元巨人の「元木大介

であり4年間の間に3店舗のラー

メン店を閉店しました。本人自身も

「しくじり先生」出演しその苦い

思い出を語っています(^_^;)

 

これらの原因はひとえにリサーチ不

足とマーケティングの甘さ以外あり

ません。

 

デーブさんも、もちろん開店前は「

立地条件やメニュー構成、客単価や

予測売り上げ」などをりゅうねんに

マーケティングをしていると思いま

すが、実際に新橋と言うサラリーマ

ン主体の立地の場所であまり女性客

をターゲットにしていないメニュー

構成(肉主体)や実際に値段が「高

い」と言う口コミをもらっている点

では、ちょっと不安要素があるのか

もしれませんね。(^_^;)

 

いずれにせよ今後の動向が気になり

ます。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

コーチ時代は色んなスキャンダルが

ありましたが基本根っこはイイ方で

面倒見がいい人なんだと僕はおもい

ます。

 

とにかく第2の人生が始まったばか

りですから、何とかお店の方も繁盛

させて頑張って欲しい限りです。

 

今後の活躍に期待しましょう。

それでは最後までご覧いただきあり

がとうございました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!