毎週水曜日放送の「ザ・世界仰天ニュース」にメキシコ人ジャーナリストの

アナベルエルナンデスさんが登場します。

 

これまでに数々の賞を受賞してきて、母国メキシコの麻薬カルテルの

真相を暴いてきた不屈のジャーナリストとして、巨大麻薬組織から

高額な懸賞金をかけられ、命まで狙われていると言う世界一危険な

ジャーナリストと言えます。

 

そんな彼女は家族がいながらも、勇敢にジャーナリスト魂を

貫きながら、毎日いつ狙われるか分からない恐怖と共に

日々戦っています。

 

今回はそんなエルナンデスさんの経歴から、なぜ麻薬組織から命を狙われる

羽目になったのか、その真相やメキシコの現実について

検証していきたいと思います。

それでは今回もさっそくピックアップして行きましょう!

目次(コンテンツ)↓↓

1、アナベルエルナンデスさんの経歴とスピーチ ページ1

2、懸賞金をかけられ命を狙われる!? ページ2

3、メキシコは世界一ヤバイ国!? ページ2

4、最後に ページ2

スポンサードリンク

アナベルエルナンデスさんの経歴とスピーチ

エルナンデスさんは、1993年からメキシコ人ジャーナリストとしての

活動を始めこれまでにメキシコ国内での不祥事や、麻薬組織がらみの

売買や癒着を数多く暴いてきました。

image

出典http://aqui-yo.jimdo.com

その結果、ジャーナリズム賞や2012年には世界新聞のニュース発行社

協会から、「自由のペン賞」を受賞し世界でも認められる

ジャーナリストの一人としての実績を上げています。

 

さらに当時メキシコの大統領だった、フォックスが官邸の補修工事に

巨額の予算を使っていたことも、エルナンデスさんがいち早く

報道し、この功績によって上記の賞を受賞したとも言われています。

 

しかし、これによって今まで裏社会で生きてきた人間たちに

よっては邪魔者以外何者でもない存在になっていき、ついには

高額懸賞金までかけられてしまいます。

 

これによって、その懸賞金欲しさに命まで狙われる羽目になり

毎日のように、殺人予告や嫌がらせ、さらには強迫と言ったことが

エルナンデスさんの周りで起こるようになり、家族共々

危険な毎日を送ったと言います。

 

しかし、エルナンデスさんはそんなことには屈指ず

堂々と麻薬組織に立ち向かっていくのです。

その時のスピーチがこちら↓↓

1年と9ヶ月前には、この場にいることをまったく想像できませんでした。毎朝、生きていることに驚き、過去6年間で6万人以上が政府や暴力組織に処刑されてきた、燃え尽きた国を目にしてきました。処刑された人たちの目は再び開くことはありません。麻薬戦争撲滅という名目の嘘の戦争によって、1万8000人以上の子供たち、少年少女、親たちが姿を消したこの国で、自分の子供、親、兄弟を抱きしめることができることに驚いています。姿を消した人々の家族は自分たちの子供、親、兄弟を再び抱きしめることはできないのです。

と熱く語り、明日生きているのかも保証がない状態で

ジャーナリストをそこまでして続けるのは、一体何なのか?

と、管理人は思ったのですが、どうやら彼女には強い

決意があったんですね。

それは、

私は生きていたいです。でも、沈黙のままで生きることは、死ぬことと同じなのです。

と語っており、この強い決意が彼女を前進させる源なのかも

しれませんね。

麻薬組織から懸賞金をかけられ命をねらわれる!?次のページへ